メッシ、今週の“PSGデビュー”はお預け 29日のリーグ戦出場が有力と海外メディア報道

メッシ、今週の“PSGデビュー”はお預けか【写真:AP】
メッシ、今週の“PSGデビュー”はお預けか【写真:AP】

19日のリーグ・アン第3節のスタッド・ブレスト戦の最終メンバーから外れる

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは今夏、これまで一筋だったバルセロナを退団し、パリ・サンジェルマン(PSG)と2年契約+オプション1年の契約を結んだ。今後は新天地デビュー戦に注目が集まるが、19日(現地時間)に行われるリーグ・アン第3節のスタッド・ブレスト戦の最終メンバーには含まれていないようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 昨季限りでバルセロナとの契約が切れたメッシは当初、年俸50%カットを受け入れてクラブと再契約を結ぶ予定だった。しかし、バルセロナはサラリーキャップ超過と抱える債務問題でメッシの高額年俸を払えず、一転して退団を発表。メッシは8日に本拠地カンプ・ノウで涙の退団会見を実施すると、その2日後にはパリへ飛び、PSGと1年延長オプション付きの2年契約を結んだ。

 新天地では早くも“加入効果”がもたらされ、「30番」のユニフォームは展開からわずか3日で販売数が100万枚を突破するほどの人気ぶり。現在はコンディション調整に励んでおり、同じくこのオフにレアル・マドリードから加入したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのほか、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表ネイマールら、豪華スターたちとのトレーニングする様子がクラブ公式ツイッター上で公開され、PSGでの公式戦デビューに注目が集まる。

 ただし、メッシの雄姿が見られるのはもうしばらく先になりそうだ。フランス紙「ル・パリジャン」からの情報をもとに、「マルカ」紙は「メッシのPSGデビューはお預け」と見出しを打ち、19日のブレスト戦の最終メンバーに含まれていないことを報道。記事によると、7月10日のコパ・アメリカ(南米選手権)決勝まで勝ち進んだアルゼンチン代表とブラジル代表選手のうち、メッシ、MFレアンドロ・パレデス、ネイマールはプレシーズンを過ごしていないため、この試合を欠場することになったという。

 なお、メッシの新天地デビューは、今のところ29日にアウェーで行われるスタッド・ドゥ・ランス戦(第4節)になるとの見方が強いという。バルサ一筋のキャリアを送ってきた名手は今シーズン、どんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング