「別の印象的なショーを演じた」 古橋亨梧、英公共放送がリーグカップのMOMに選出

セルティックで活躍するFW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックで活躍するFW古橋亨梧【写真:Getty Images】

リーグカップ・ハーツ戦でもゴールを決め、加入後の公式戦で5試合5ゴールを記録

 スコットランドの名門セルティックに移籍した日本代表FW古橋亨梧は、現地時間15日に行われたリーグカップ・ラウンド16のハーツ戦(3-2)でゴールを決めて勝利に貢献。英公共放送「BBC」は試合の最優秀選手(MOM)に選出し、「別の印象的なショーを演じた」と伝えている。

 古橋は7月31日に行われたリーグ開幕節のハーツ戦(1-2)の後半34分から途中出場し、新天地デビュー。この試合から5日後に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選の第1戦・ヤブロネツ戦(4-2)で移籍後初先発を飾り、初ゴールをマークすると、8日に行われた本拠地デビュー戦のリーグ第2節ダンディー・ユナイテッド戦(6-0)では、圧巻のハットトリックを達成した。

 この勢いはリーグカップのハーツ戦でも健在だった。前半29分、左足アウトサイドからの絶妙スルーパスで先制点の起点となると、同34分にはショートコーナーからDFスティーブン・ウェルシュの追加点に関与。そして、2-1で迎えた後半18分、MFトム・ロギッチからのスルーパスをペナルティーエリア内で受けると、斜めの角度から左足でゴールニアサイドを射抜くシュートを突き刺した。

 英公共放送「BBC」は、試合の最優秀選手に選出。「別の印象的なショーを演じた」「キョウゴ・フルハシはリーグカップのハーツ戦で、スコットランドの試合の厳しさに適応できることを証明した」と伝えている。

 アンジェ・ポステコグルー監督も「彼がどれほど脅威の存在か」「サポーターは見たいタイプの選手」と古橋を称賛しており、“FURUHASHIフィーバー”はしばらく止まらなそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング