「ニアハイにズドン!」 セルティック古橋の“完璧な一撃”にファン感嘆「秀逸すぎ」

セルティックに移籍した日本代表FW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックに移籍した日本代表FW古橋亨梧【写真:Getty Images】

リーグ杯ハーツ戦で豪快な一撃、クラブ公式ツイッターがゴール動画を投稿

 スコットランドの名門セルティックは現地時間15日、リーグカップ2次ラウンドのハーツ戦で3-2と勝利し、ベスト8進出を決めた。日本代表FW古橋亨梧は、後半18分に左足でゴールを決め勝利に貢献。ニアサイドを射抜いた一撃をセルティック公式ツイッターが「ニアハイにズドン!」と記して映像を投稿すると、ファンから「完璧なシュート」「痺れる」など賛辞が寄せられている。

 古橋は7月31日に行われたリーグ開幕節のハーツ戦(1-2)の後半34分から途中出場し、新天地デビュー。この試合から5日後に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選の第1戦・ヤブロネツ戦(4-2)で移籍後初先発を飾り、初ゴールをマークすると、8日に行われた本拠地デビュー戦のリーグ第2節ダンディー・ユナイテッド戦(6-0)では、圧巻のハットトリックを達成した。

 この勢いはリーグカップのハーツ戦でも健在だった。前半29分、左足アウトサイドからの絶妙スルーパスで先制点の起点になると、同34分にはショートCKからDFスティーブン・ウェルシュの追加点に関与。そして、2-1で迎えた後半18分、MFトム・ロギッチからのスルーパスをペナルティーエリア内で受けると、斜めの角度から左足でゴールニアサイドを射抜くシュートを突き刺した。

 これで公式戦5戦5発となり、現地メディアもそのパフォーマンスを称賛するなか、セルティック公式ツイッター日本語版は「ニアハイにズドン!」と綴ってゴール動画を投稿。ファンからも「ここしか無いと言う完璧なシュート」「この動き上手いわー」「痺れる」「この動き、マジでビジャ師匠を体現してる」「動き出しのいろんな部分が秀逸すぎ」など、称賛の嵐となっている。

 現地での評価が急上昇し、サポーターからの支持も獲得している古橋。この勢いはまだまだ止まらなそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング