日本在住の中国人留学生、W杯最終予選の“本気対決”に期待 日中の注目選手は?

日本のMF久保建英、中国のMFチャン・シージャー【写真:Getty Images】
日本のMF久保建英、中国のMFチャン・シージャー【写真:Getty Images】

【中国サッカー考察コラム#2】9月7日に中国開催のW杯最終予選で日中が対決

 日本のサッカーファンのみなさま、こんにちは。中国サッカーメディアにて活動をしている久保田嶺です。東京五輪も終わり、いよいよワールドカップ最終予選が始まります。9月7日に行われる中国戦(中国開催)まであと3週間。そこで今回は、日本で暮らす中国サッカー界の著名人に話を聞きました。

 日本サッカー史に残る名言の一つ、「大迫、半端ないって」――。第87回高校サッカー選手権にて、大迫勇也選手(現ヴィッセル神戸)を擁する鹿児島城西高に敗れた相手チーム主将の言葉です。サッカーファンなら誰もが知っているかと思います。

 さて、中国サッカー界においても、知らぬ者はいないという名言があります。そして、その言葉を生み出した人物は今、日本の山梨県にて生活をしております。

「同じグループになりましたね。中国と日本の本気対決を初めて見られます」

 中国スーパーリーグの名門・北京国安U-15出身の張兆瑞(チョウ・ジョウズイ)氏。2015年、中国版NHK「CCTV」の人気サッカー番組「天下足球」にて、中国のサッカー少年たちが本場イギリスを巡る回があり、当時14歳の彼が「アーセナルのスタジアムはどう?」と聞かれた際、「我々アーセナルは無敵だ」と歌いながら答えました。

 もともと、北京国安のチーム応援歌にある「我々国安は無敵だ」の一節をアレンジしたこの場面は、瞬く間に中国人のツボにハマって大流行。今では中国サッカーファンで知らない人はいない名場面・名言となっています。

 そんな彼はアニメの影響から、日本文化に興味を持ち、現在は五輪選手を数多く輩出するスポーツの名門校、山梨学院大に在学しています。今、彼が日本にいることは中国でも話題となり、大手企業テンセント社の人気サッカー番組「プレミアリーグを語ろう」でもインタビューされました。彼は日本の名門校でサッカーや人体学について学び、将来中国でサッカーのコーチになる準備をしているとのことです。

page1 page2

久保田嶺

1991年生まれ、埼玉県出身。2015年に中国へ渡り、現在は中国最大のサッカーメディア「懂球帝」にて、日本人唯一の公認アカウントとして活動し、フォロワーは2万5000人を超える。中国サッカー界とのコネクションを生かし、中国サッカー著名人とのコンテンツに人気があり、代表作には「中国ファンvs日本ファン」(懂球帝)などがある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  6. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  7. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  8. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛