「ベンチワークで負けていた」 五輪で失速した日本、闘莉王が采配の“問題点”指摘

闘莉王氏が日本の采配の“問題点”指摘【写真:Getty Images】
闘莉王氏が日本の采配の“問題点”指摘【写真:Getty Images】

【五輪経験者の視点】日本は選手交代の手を打つたびに「パフォーマンスが落ちていた」

 東京五輪に出場したU-24日本代表は、1968年メキシコ大会以来のメダル獲得を目指したが、最終的に4位で大会を終えた。グループリーグ3連勝と最高のスタートを切ってベスト8に進出したものの、その後苦戦。準々決勝はニュージーランドに0-0からのPK戦勝利、準決勝ではスペインに延長戦の末に0-1で敗れ、53年ぶりのメダルを懸けた3位決定戦ではメキシコに1-3と完敗した。

 決勝トーナメントの3試合、合計330分間でわずか1ゴールと“急失速”した日本の戦いを、「Football ZONE web」で五輪期間中にスペシャルアナリストを務めた元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が総括。メダル獲得を目前にしながら目標を達成できなかったチームについて、「決勝トーナメントではベンチワークで負けていた」と指摘している。

   ◇   ◇   ◇

 今回の東京五輪は、メダル獲得の千載一遇のチャンスだったと思う。各国の代表チームがオーバーエイジ枠を含む選手の招集を巡り、所属クラブから供出拒否を受け、メンバーを揃えることが難しい状況で、日本はベストメンバーを揃えていた。

 無観客開催によりホームの声援という後押しは手にできなかったが、開催国として地の利は間違いなくあった。日本の夏は陽が落ちても暑いし、湿度も高い。グループリーグ全勝で1位突破し、メダルへ最高の状況を自ら作り出した。素晴らしい戦いだっただけに、4位という結末は残念だ。

 今回の日本代表で気になった部分は采配だ。特に決勝トーナメントに入ってから、森保一監督が途中交代の手を打つたびに、チーム全体のパフォーマンスが下がってしまった。振り返ってみると、選手の休養目的の交代が目立った印象がある。決勝トーナメントでは、ベンチワークに限界が見えた。

 酷暑の日本で試合間隔の短い短期決戦。消耗戦になっていたが、相手チームが交代の手を打ってくると、パフォーマンスが上がってくる。一方、日本は手を打つたびにパフォーマンスが落ちる。これは問題ではないか。

 準決勝ではスペイン相手にボールを支配されたが、日本もボールをある程度コントロールできるレベルに到達している。選手個々の差は縮まっているが、結局追い越すには至っていない。日本はある程度、自分たちのやりたいサッカーができるようになってきた。これからは駆け引き。相手が嫌がることをどんどんやっていかないといけない。この駆け引きの部分で、決勝トーナメントではベンチワークで負けていたと思う。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」