「疑問が残る」 森保監督の采配を金田氏が検証、東京五輪での戦いは「受け身すぎた」

森保監督の采配は「受け身すぎた」と金田氏が指摘【写真:Getty Images】
森保監督の采配は「受け身すぎた」と金田氏が指摘【写真:Getty Images】

「規律の高いチームを作り上げた」ことは評価も、試合中の修正力に物足りなさ

 日本サッカー史に燦然と輝く1968年メキシコ五輪の銅メダル――。この金字塔を超えるべく“最高の準備”をしてきた森保一監督率いるU-24日本代表だったが、歴史を塗り替えることはまたしてもできなかった。2012年ロンドン五輪以来のベスト4に進出しながら、準決勝でスペインに延長戦の末に0-1、3位決定戦ではメキシコに1-3と敗れ2連敗。9年前と同様、メダルを目前にしながら手が届かなかった。

「天才ドリブラー」として1970年代から80年代にかけて活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏は、今大会の日本を「世界一準備したチーム」と評する。各国代表が所属クラブに対して選手招集の強制力を持たず、ベストメンバーを組めないチームが多いなかで、日本はMF久保建英やMF堂安律らをはじめ、オーバーエイジとしてDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航の招集に成功。自国開催の東京五輪に向けて、歴代最高と言える万全の態勢を築き上げた。

 そんなチームを率いる森保監督について、金田氏は「長期間同じメンバーで活動するなかで、選手のモチベーションを下げずに指揮した」と分析。「チームの誰が出ても守備に貢献し、1対1の局面で戦う規律の高いチームを作り上げた」と、確固たるチームの土台を作ったことを評価している。

 ピッチに立つ全員がハードワークできるチームだからこそ、グループリーグ3連勝という素晴らしい結果を手にできたと言えるが、一方で決勝トーナメントに入ってからの3試合では、延長戦も含めて330分間を戦い、わずか1得点とゴール欠乏症に苦しんだ。上手くいかないなかで、いかに試合中に修正していくかという部分で、金田氏は「僕の中では森保監督の采配は非常に遅いし、相手の戦術に対する対抗策がピッチ上でなかなか見られない」と感じているという。

「森保監督の人間性は素晴らしいし、今大会でもチームをベスト4に導いたのは、選手全員に攻守にわたるハードワークを植えつけた、その手腕があってこそだろう。ただ、2019年アジアカップ決勝のカタール戦の頃から感じていることだが、試合中の相手の戦術的な変化や何か上手くいかないことが起きた時の采配が受け身すぎる。例えば、相手が日本の攻撃のキーマンである堂安と久保を徹底的にケアしてきた時、それに対して試合中にどう対抗するのかという策が見えなかった。相手の出方を見たうえでのシステム変更などの戦術的な選択肢、選手の配置を変えることによって異なるコンビネーションを生かしていくという共通理解を、選手にしっかりと提示できていたのかというところには、個人的には疑問が残っている」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」