U-24日本代表FW林大地、シント=トロイデン移籍でクラブ間合意 東京五輪で5試合に出場

サガン鳥栖のFW林大地がシント=トロイデンへ完全移籍【写真:Getty Images】
サガン鳥栖のFW林大地がシント=トロイデンへ完全移籍【写真:Getty Images】

現地でのメディカルチェックを経て、正式契約を締結へ

 J1サガン鳥栖は8日、U-24日本代表FW林大地がベルギー1部シント=トロイデンへの完全移籍でクラブ間合意に至ったと発表した。今後、現地でのメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ予定だという。

 24歳の林は2019年に大阪体育大から鳥栖へ加入。2年目のシーズンから主力へ定着し、J1リーグで31試合9得点をマーク。今季はここまで20試合4得点の成績を残し、東京五輪メンバーへ選出されると、FWの控えという立場を覆し、大会ではグループリーグ3戦目のフランス戦(4-0)を除く、5試合に出場した。

 自身初となる海外移籍について、林は「厳しい戦いが待っていると思いますが、オリンピックの悔しさもバネにして自分らしく全力でプレーし、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります!」と、クラブを通じてコメントを発表。クラブによると、9日のFC東京戦の試合終了後、セレモニーが行われる。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング