ルカクの希望は古巣復帰? チェルシーが3度目のオファーへ「インテルは対抗が難しい」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク【写真:Getty Images】
インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク【写真:Getty Images】

欧州王者のチェルシーで「自分の真価を示したいと考えている」模様

 チェルシーは今夏、新たなストライカーの補強に動いている。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得が困難と認識したクラブは、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクを次のターゲットとしたようだ。すでに2度のオファーが断られたとされるなか、英紙「ザ・サン」はルカク自身も、かつて所属したチェルシーへの再加入を望んでいると報じている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ルカクは18歳だった2011年にもチェルシーに在籍していたが、プレミアリーグ8試合に出場にとどまり、結果を残すことはできなかった。その後、期限付き移籍を繰り返して2014年には2800万ポンド(約43億円)の移籍金を残してエバートンへ放出されている。

 しかし、エバートン移籍以降は世界的ストライカーに成長。昨シーズンはインテルの11シーズンぶりとなるセリエA優勝に大きく貢献した。もともとチェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏はルカクを気に入っており、再獲得を強く希望している。

 すでにチェルシーは、インテルに対して2度のオファーを提示。記事によると、2度目のオファーは、「DFマルコス・アロンソを含めた8500万ポンド(約129億円)」のものだったという。インテルは最低でも1億ポンド(約152億円)を要求しているとされ、週末にもチェルシーは3度目のオファーを送る見通しのようだ。

「ルカクは西ロンドンのクラブで、自分の真価を示したいと考えている。ヨーロッパで最強の座を争うクラブへ移籍できる最後のチャンスになる可能性があることを理解しているが、同時に自身を新たなレベルに引き上げて、この2シーズンで大きな成功を収めたイタリアのクラブからの退団を強行することはないだろう。それでも、チェルシーからのオファーが届けば、インテルが対抗するのは難しい」

 昨シーズン、セリエAを制したインテルだが、アントニオ・コンテ監督が退任し、中心選手だったモロッコ代表DFアクラフ・ハキミもパリ・サンジェルマンへ移籍した。ルカクも抜けることになれば、大きな戦力ダウンになるが、ベルギー代表のストライカーはトーマス・トゥヘル監督の率いるチェルシーに加わることとなるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」