U-24日本代表、スペイン相手に粘り強い守備 前半0-0、史上初の五輪決勝進出なるか

両チーム譲らずスコアレスのまま後半へ【写真:AP】
両チーム譲らずスコアレスのまま後半へ【写真:AP】

勝てば53年ぶりのメダル獲得、スペインに攻め込まれるも無失点でハーフタイムへ

 東京五輪のサッカー男子準決勝が3日に埼玉スタジアムで行われ、U-24日本代表とU-24スペイン代表の一戦は、スペインのボール保持率が高いながら日本も集中したプレーを見せて0-0で前半を終えた。

 両者は本大会前の7月17日にも親善試合で対戦し、その時には1-1で引き分けていた。日本は出場停止から復帰したオーバーエイジのDF酒井宏樹が右サイドバックに入り、逆にこの試合が出場停止のDF冨安健洋のところにはDF板倉滉が入った。左サイドバックはDF中山雄太が起用され、DF旗手怜央は左サイドハーフに起用された。

 序盤からスペインがボールポゼッションを高め、日本はMF久保建英を中盤の守備に参加させて速攻を狙うのが基本的な構図になった。日本は1トップで起用されたFW林大地がスペインのDFエリック・ガルシアとDFパウ・トーレスを相手にしながらも必死でボールキープする場面を作り、そこに後ろからフォローする形で活路を見出しにかかった。

 互いにゴール前でのビッグチャンスを作るには至らない試合展開も、徐々にスペインの攻撃により日本は自陣に押し込まれる時間が長くなった。前半31分には左右を広く作った攻撃からFWミケル・オヤルサバルにペナルティーエリア内でシュートを許すも枠外。逆に日本も中山のラストパスからニアサイドにMF遠藤航が飛び込んでシュートを狙うも枠外。同39分には、スペインFWラファ・ミルが抜け出すもGK谷晃生が好セーブを見せて、両者ともゴールを奪うことはできず0-0でハーフタイムを迎えた。

 ここまですべての試合が中2日で実施されて5試合目という条件であり、さらに両者ともに準々決勝は120分を戦った。後半は運動量の減退やミス、選手交代が日本にとっては史上初の決勝進出、53年ぶりのメダル獲得を確定できるかに大きく関わりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」