「6失点は受け入れがたい」 韓国監督、メキシコに大敗で東京五輪幕切れに本音を吐露

U-24韓国代表を率いるキム・ハクボム監督【写真:Getty Images】
U-24韓国代表を率いるキム・ハクボム監督【写真:Getty Images】

キム・ハクボム監督は「守備の準備ができていなかった」とディフェンス崩壊を反省

 U-24韓国代表は7月31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝でU-24メキシコ代表と対戦し、壮絶な打ち合いの末に3-6で敗れ、ベスト8で姿を消した。守備が崩壊して流れを掴み切れず、キム・ハクボム監督は試合後、「6ゴールを取られた実感がまだない」と現実を受け入れられない様子だったという。韓国紙「朝鮮日報」が伝えた。

 B組首位通過の韓国は、A組2位のメキシコと対戦。前半12分、サイドからのクロスをゴール前に折り返され、FWエンリ・マルティンに押し込まれて先制を許す。しかし、韓国も前半20分、10番を背負うMFイ・ドンギョンがペナルティーエリア外から強烈な左足ミドルを突き刺し、同点に追いつく。

 その後、前半30分にメキシコFWルイス・ラモにクロスをトラップ&ダイレクトボレーで決められて勝ち越されると、同37分にはPKを献上して2点ビハインドで前半を折り返した。

 後半6分にイ・ドンギョンがペナルティーエリア内左から強烈な左足シュートを突き刺して1点差に詰め寄ったが、そのわずか3分後に失点。後半18分にMFセバスティアン・コルドバに強烈なミドルを叩き込まれると、同39分には途中出場のFWエドゥアルド・アギーレにダメ押しの6点目を奪われた。終了間際に1点を返したものの、3-6で屈してベスト8敗退となった。

 キム・ハクボム監督は試合後の会見で、「夜遅くに熱心に応援してくれたサッカーファンに申し訳ない」と語り、敗退は自分の責任だと示唆するコメントを残している。

「我々は守備の準備ができていなかった。メキシコに対抗できる思いがあったが、上手くいかなかった。正直、6ゴールを取られた実感がまだない。6失点は受け入れがたい状況だ。選手たちの問題ではなく、監督の私が対応しきれず、このような結果になってしまった」

 グループリーグ初戦黒星から2連勝と巻き返し、決勝トーナメントに駒を進めた韓国だが、6失点の大敗で東京五輪のチャレンジは幕を閉じる形となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング