メッシ、スアレスら親友とオフ満喫 海への”ダイブ姿”に海外注目「チャンピオンホリデー」

未だ去就が決まっていないアルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】
未だ去就が決まっていないアルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】

スアレス、セスクの元バルセロナ組とイビサ島でリフレッシュ

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、アメリカ有数のリゾート地マイアミ、カリブ海に浮かぶ島国・ドミニカ共和国でのオフを終え、バルセロナへと戻った。しかし、今度はスペインのイビサ島へ渡り、かつての同僚であるFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)、MFセスク・ファブレガス(モナコ)と優雅なひと時を過ごしている。割れた腹筋やヨットから海にダイブする様子が、海外メディアで報じられている。

 メッシは6月末限りでバルセロナとの契約が満了となり、形式上“無所属”の立場でコパ・アメリカ(南米選手権)にアルゼンチン代表の一員として参戦し、7試合計4ゴールの活躍で自身初の代表タイトルとなる優勝を達成した。

 その後、アメリカでも有名なビーチの一つ、マイアミのキー・ビスケーンにある月額20万ドル(約2200万円)の“貸別荘”に滞在していたメッシ一家は、ドミニカ共和国へ移動。リゾート地カサ・デ・カンポに入って別荘で過ごしていた。

 その後、バルセロナに戻り、長男チアゴくん、次男マテオくんとともに鬼役のいとこを相手にボール回しをしていく様子も報じられていたが、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」によれば、バルセロナで共闘したスアレス、セスクとスペインの有名リゾート地イビサ島でヨットを貸し切ってバカンスを楽しんでいるという。

 アルゼンチンのテレビ局「Channel 3」は、「チャンピオンホリデー」と題して、お互いの妻や子供たちも交えて海での時間を楽しんでいる様子を紹介。米メディア「TMZ」は水着姿のメッシと妻アントネラ・ロクソさんの2ショットをピックアップし、「メッシは休暇中に割れた腹筋を披露」と伝えている。

 メッシは、年俸50%ダウンでバルセロナと5年間の契約延長に口頭合意したと英衛星放送「スカイ・スポーツ」などで報じられていたが、今のところまだバルセロナから正式発表はされていない。イビサ島でのリフレッシュを終え、動きは見られるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング