U-24日本代表、NZと緊迫の攻防 決定機を生かせず、0-0のまま延長戦に突入

MF久保建英ら攻撃陣に得点が生まれず延長戦へ【写真:AP】
MF久保建英ら攻撃陣に得点が生まれず延長戦へ【写真:AP】

2大会ぶりの五輪ベスト4進出を目指す日本、主導権握るも相手守備陣を崩せず

 U-24日本代表は31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝ニュージーランド戦に臨み、互いにゴールを奪えず0-0のまま延長戦へともつれ込んだ。

 グループリーグを3連勝で突破した日本は、累積警告で出場停止のDF酒井宏樹が務めてきた右サイドバックにDF橋岡大樹を起用。左サイドバックには攻撃面が持ち味のDF旗手怜央が入った。一方のニュージーランドは、最前線にイングランド・プレミアリーグのバーンリーでプレーするFWクリス・ウッドを置いた。

 最初の決定機は日本だった。前半10分、右CKから短くつないでFW林大地がペナルティーエリア内の右サイドで前を向くと、相手GKと最終ラインの間に速いグラウンダーのクロスを供給。そこにMF遠藤航が完全にフリーで待ち受ける決定機を迎えたが、シュートを枠外に外してしまった。

 5バックを採用しつつもハイプレスをかけるニュージーランドに対し、日本も後ろからポゼッションを志向したことでゲームは噛み合った。そのなかで徐々にプレスが緩んできたなかで、日本が中盤でボールを持てるようになり、そこから攻撃の仕掛けに入る場面が増えた。

 しかし、中央に偏った感もある日本の攻撃は最終ラインを崩しきれず、このまま0-0で前半を終了した。

 後半の立ち上がり、ニュージーランドは主将でオーバーエイジのDFウィンストン・リードが左膝を痛めてプレー続行不能になるアクシデント。これにより4バックに変更したことで、互いによりコンパクトな陣形になり狭いエリアでのボールの奪い合いが増えた。日本は4-3-1-2の形になったニュージーランドに対して守備がハマらず、ボール保持率を高められない時間になった。

 日本の森保一監督は同24分、前線を林からFW上田綺世に入れ替え、MF相馬勇紀に代えてDF中山雄太を左サイドバックに投入し、旗手を一列上げた。橋岡のクロスから旗手がヘディングシュートを放つ場面やMF堂安律のクロスから上田が決定的なシュートを放つも決められず、試合は0-0のまま延長戦へ突入した。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング