NZとの死闘制し4強進出! U-24森保監督が称賛「粘り強く戦い抜いてくれた」

U-24日本代表を率いる森保監督【写真:AP】
U-24日本代表を率いる森保監督【写真:AP】

PK戦でGK谷が活躍、NZを下し2大会ぶり3回目のベスト4進出

 U-24日本代表は31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝でニュージーランドと対戦。0-0のまま迎えた延長PK戦を4-2で制し、2大会ぶり3回目のベスト4進出を決めた。試合後、森保一監督は「選手たちが粘り強く戦い抜いてくれた」と、チームの奮闘を称えた。

 勝てば2大会ぶり3回目のベスト4進出となる日本は、1トップにFW林大地を置き、2列目にはMF久保建英、MF堂安律、MF相馬勇紀が並んだ4-2-3-1システムでスタート。立ち上がりからボールを保持したものの、相手の固い守備を崩し切れない展開で前半を0-0で折り返した。

 後半も膠着した流れが続き、日本は前線1トップを林からFW上田綺世に入れ替えるなど、交代カードを切って打開を測る。同36分には、堂安のクロスから上田に決定機が到来するも、至近距離からのシュートをGKに当ててしまいスコアを動かせない。

 両者ともゴールは奪えず、試合は延長戦へ突入。日本は延長前半頭からMF三笘薫、MF板倉滉を、同後半から堂安に代えてMF三好康児を投入するも攻撃のリズムは生まれず、ニュージーランド守備陣を脅かせない。

 結局、延長戦でも決着はつかず、勝負の行方はPK戦へ。両者とも1人目を成功させたなか、ニュージーランドの2人目のキックをGK谷晃生がセーブ。ニュージーランドはさらに3人目も失敗したのに対し、日本は2人目の板倉、3人目のDF中山雄太が成功させ、4人目に登場したDF吉田麻也が冷静にゴールに沈め4-2で勝利し、2大会ぶり3回目のベスト4進出を決めた。

 ニュージーランドのフィジカルを活かした戦いを受けて、試合後のフラッシュインタビューで森保監督は「相手も粘ってプレッシャーをかけてきたので決めるのは難しかった」としつつも、「選手たちが粘り強く戦い抜いてくれた」と、延長PK戦へともつれ込んだ試合での奮闘を称賛した。

 準決勝の相手は、ベスト8でコートジボワールを延長戦の末、5-2で下したスペイン。強豪国との一戦に向けて「次も非常にタフな試合になるがチーム一丸となった粘り強く戦うことを共有し、勝って決勝に進みたい」と意気込んだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング