U-24日本代表、NZの堅守に苦戦 決定機を遠藤が決められず前半0-0、勝負は後半へ

前半は互いに譲らずスコアレスのまま後半へ【写真:AP】
前半は互いに譲らずスコアレスのまま後半へ【写真:AP】

2大会ぶりの五輪ベスト4進出を目指す日本、主導権握るも相手守備陣を崩せず

 U-24日本代表は31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝ニュージーランド戦に臨み、0-0のまま前半を終えた。

 グループリーグを3連勝で突破した日本は、累積警告で出場停止のDF酒井宏樹が務めてきた右サイドバックにDF橋岡大樹を起用。左サイドバックには攻撃面が持ち味のDF旗手怜央が入った。一方のニュージーランドは、最前線にイングランド・プレミアリーグのバーンリーでプレーするFWクリス・ウッドを置いた。

 最初の決定機は日本だった。前半10分、右CKから短くつないでFW林大地がペナルティーエリア内の右サイドで前を向くと、相手GKと最終ラインの間に速いグラウンダーのクロスを供給。そこにMF遠藤航が完全にフリーで待ち受ける決定機を迎えたが、シュートを枠外に外してしまった。

 5バックを採用しつつもハイプレスをかけるニュージーランドに対し、日本も後ろからポゼッションを志向したことでゲームは噛み合った。そのなかで徐々にプレスが緩んできたなかで、日本が中盤でボールを持てるようになり、そこから攻撃の仕掛けに入る場面が増えた。

 しかし、中央に偏った感もある日本の攻撃は相手の最終ラインを崩しきれず、このまま0-0で前半終了。日本にとっては2大会ぶりのベスト4を懸けた争いは、後半に持ち越された。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング