田中陽子、16年来の盟友との誕生日2ショットに本人も反応 「おそろっち投稿嬉しい」

スポルティング・ウエルバを退団したMF田中陽子【写真:Getty Images】
スポルティング・ウエルバを退団したMF田中陽子【写真:Getty Images】

7月30日に誕生日を迎え、JFAアカデミー福島からの付き合いである本多との写真を投稿

 スペイン女子1部スポルティング・ウエルバを退団したMF田中陽子が自身の公式インスタグラムを更新。7月30日に28歳の誕生日を迎えたなか、12歳から付き合いのある盟友との2ショットを投稿している。

 田中は2019年6月になでしこリーグ(当時・日本女子サッカーリーグ)1部ノジマステラ神奈川相模原を退団し、ウエルバへ移籍。初の海外挑戦でリーグ戦13試合1得点をマークした。2年目の2020-21シーズンは、第25節セビージャ戦(4-2)で右足の豪快ゴラッソ弾を叩き込んで現地メディアから称賛されるなど、29試合に出場して4ゴール。10位(12勝8分14敗)につけたチームで存在感を放った。

 田中は7月7日、自身のインスタグラムに「Sporting Huelvaを退団することに決めました。2年前に移籍して言葉も分からない私を受け入れてくれ成長と幸せの日々を与えてくれたウエルバの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。これからもウエルバの活躍を祈ってます!本当にありがとうございました」と投稿。20-21シーズン限りでの退団を発表した。

 そのなかで、7月30日に28歳の誕生日を迎え、なでしこリーグ1部のASハリマアルビオンに所属するFW本多由佳との2ショットを投稿。本多は同じJFAアカデミー福島の1期生と盟友の1人で、素の笑顔が収められている。本多は「おそろっち投稿嬉しい」とコメントしており、自身のインスタグラムでも「よーちゃんおめでと。12歳で出会ってもう28歳やね。いつもいっつもありがと。よーちゃんにとって28歳 最高に良い年なりますよーに」とメッセージを綴っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド