五輪代表で「プレースタイルを変えた」 名ボランチが語る“転機”…福西崇史×山口蛍対談【後編】

福西崇史氏がヴィッセル神戸のMF山口蛍を選出【写真:井上智博】
福西崇史氏がヴィッセル神戸のMF山口蛍を選出【写真:井上智博】

【月間表彰】「月間ベストアグレッシブプレーヤー」のMF山口蛍が語るキャリアの転機と五輪

「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」では、各月ごとに各部門の表彰を実施している。「Football ZONE web」では、現役時代に強靭なフィジカルと戦術眼を武器に日本代表としても活躍した福西崇史氏に、その月に最もアグレッシブなプレーを見せた選手を表彰しているが、6月はヴィッセル神戸のMF山口蛍が選出された。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

ボランチとして日本代表にまで上り詰めた2人だが、守備をするようになったのはプロになってからという、意外な共通点が対談のなかで明らかになった。2012年のロンドン五輪を戦ったU-23日本代表に選出されるようになってから、プレースタイルを大きく変えたという山口が、当時のチームと現在のU-24日本代表の違いを語るとともに、メダル獲得に大きな期待を寄せている。

   ◇   ◇   ◇

――山口選手は、福西さんの現役時代のプレーはご覧になられていましたか?

山口 ワールドカップ(W杯)の時とかは見ていました。フィジカルも強く、参考にする部分はたくさんありました。

福西 ありがたいですね。ただ、僕は2008シーズンでJリーグを引退して、山口選手は2009年にJリーグデビューをしているので、対戦したり一緒にプレーしたりすることができなかったのは残念ですね。体感してもらったら、もっと分かってもらえたでしょうし、逆に僕も山口選手を相手にしたら大変だったと思うんです。めちゃめちゃ嫌だなというのは、見ているだけでも思いますから、実際に対戦したら、それがもっと分かったはずです。逆に味方にしていたら、ものすごい有難みを感じられたでしょうね。

――山口選手はJリーグのトラッキングデータでも、全体で5位という運動量でした。両方のペナルティーエリア付近で決定的な仕事ができるとなれば、相手からしたら嫌な存在ですよね。

福西 それはそうですよ。ボールのあるところに山口選手がいるんですから。それは意識しないといけないですし、嫌な選手の1人ですよ。現代サッカーは、走れないといけませんからね。

山口 それは思いますね。

福西 だから、僕はその時代ではなくて良かったです。僕は周りを走らせて生きてきましたが、今は自分も走らないといけないので大変だろうなと思います。

山口 僕も、もともと走ることは得意じゃなかったんですよ。ユースの時とか、プロに入りたての時は、今のように走っていませんでした。試合に出始めてとか、自分が試合に出るためにはどうしたらいいんだろうといろいろ考えた時に、「もっと運動量を増やさないといけない」とすごく思いました。

 それが決定的になったのは、関塚隆監督の時のオリンピック代表が始動して、自分もコンスタントに呼ばれて、試合にも使ってもらっていた時です。その時にそういうプレーをしていて、「自分が生きていくためには、こういうことをしないといけないな」と思って、その時からプレースタイルを変えて、今に近いような形になっていきました。

福西 そうだったんですね。僕もFWとしてプロに入って、プロになってからボランチになりましたが、山口選手も大きくプレースタイルが変わったんですね。

山口 はい。僕もユース年代の時はトップ下とか、2トップの1枚をやっていたので、もっと攻撃的な選手でした。結構、さぼったりもしていたのですが、そのままトップに上がっても最初は全然ダメでしたね。

福西 もう僕と一緒ですね。だって守備したことなかったでしょ?

山口 はい、あんまりやっていなかったです。

福西 そういう選手は守備をしなくていいですからね。ユースとかでも。僕はもっと弱小チームだったので、もう守備なんてすることがありませんでした。プロに入ってから、すごい壁にぶつかった感じでした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛