久保が豪快な決勝弾! U-24日本代表、南アフリカに1-0勝利…53年ぶり五輪メダルへ白星発進

MF久保建英のゴールで日本代表が先制【写真:Getty Images】
MF久保建英のゴールで日本代表が先制【写真:Getty Images】

勝利が必須の五輪初戦、焦りが出始めた時間帯に久保が値千金のゴール

 U-24日本代表が22日、東京五輪グループリーグ初戦の南アフリカ戦に臨み、後半26分にMF久保建英が待望の先制ゴールを奪い1-0で勝利。グループリーグ突破へ向けて重要な初戦で勝ち点3を手にした。

 1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりのメダル獲得を目指す開催国の日本は、グループAで南アフリカ、メキシコ、フランスと同居。初戦開催にあたっては南アフリカの選手2人とスタッフ1人の新型コロナウイルス陽性が判明し、開催可否が問題に。競技開始の6時間前を目安に実施した濃厚接触者へのPCR検査が陰性なら出場できるという条件のなか、大会組織委員会により予定通り開催すると発表された。

 日本は先発メンバーにMF堂安律、MF久保建英らのほか、オーバーエイジのDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航の3人が順当に名を連ねた一方、DF冨安健洋、MF三笘薫がメンバー外に。17日に行われた国際親善試合のU-24スペイン代表戦(1-1)からスタメン3人を変更して、勝利が求められる初戦に臨んだ。

 無観客の東京スタジアムでキックオフした試合は、緊張感が伝わってくるような立ち上がりに。前半5分、敵陣ペナルティーエリア手前で遠藤が素早く切り替えてボールを奪うと、FW林大地が倒され絶好の位置でFKを獲得。これを久保が左足で狙うが、これは相手の壁に阻まれた。

 その後も良い形でボールを奪いながら、日本が攻撃を仕掛ける展開が続く。同15分には、左サイドのDF中山雄太のクロスがファーサイドに流れると久保が足下に収める。落ち着いて切り返して左足を振り抜くも、シュートは枠の右に外れた。さらに同20分、堂安のスルーパスに反応した久保がペナルティーエリア内で倒されるが笛は吹かれなかった。

 次第に日本がボールを保持し、南アフリカが自陣に人数をかける展開となり試合は膠着。攻撃の糸口をつかみたい日本は、サイドを使ってクロスを供給するも相手の中央の守備を崩せず。同32分には林が中央でシュートも相手GKロンウェン・ウィリアムズがセーブ、直後には相手のミスからMF三好康児が決定機を迎えるも、左足のシュートは再び相手GKに防がれた。

 さらに同34分には堂安のクロスから林が押し込みネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴール。日本が押し込みながらも、このまま前半を0-0で終えた。

 後半も立ち上がりからペースをつかんだ日本は4分、最終ラインからの1本のパスに林が抜け出すも相手DFがクリア。同5分には右サイドで堂安からのパスを受けた久保が左足を振り抜いたが、シュートは枠外へ。この時間帯、日本は小刻みにつないで次々とチャンスを生み出していく。同11分には最終的にオフサイドとなったものの、MF田中碧からのパスを受けた左サイドの中山がダイレクトクロス、走り込んだ林がシュートも相手GKが防ぐシーンを作っている。

 次第に焦りが生まれ始める時間となったが、同26分に久保が大仕事をやってのける。左サイドからの大きな展開からボールを受けると、ペナルティーエリア内で仕掛け、対峙した相手をかわして左足一閃。完璧な一撃が、左ポストに当たりながらネットを揺らした。

 その後は1点を追う形になった南アフリカに攻め込まれるシーンも作られ、同32分には左サイドを崩され、最後はゴール正面でFWルーサー・シンに決定的なシュートを打たれたが、GK谷が正面でキャッチした。その後もやや守りに入った日本が押し込まれる形となったが、落ち着いて相手の攻撃をはね返し、試合はこのまま1-0で終了。重要な大会初戦で勝ち点3を獲得した。

 なお、グループAのもう1試合ではメキシコがフランスに4-1と快勝。日本は中2日で25日にメキシコ、28日にフランスと戦う。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」