「魅惑的なアシスト」とバルサ公式称賛 安部裕葵、トップチームの試合でゴール演出

バルセロナBに所属するFW安部裕葵【写真:Getty Images】
バルセロナBに所属するFW安部裕葵【写真:Getty Images】

タラゴナとのPSMに招集、後半から出場してチーム3点目をアシスト

 バルセロナBに所属するFW安部裕葵がトップチームに招集され、現地時間21日に行われたヒムナスティック・タラゴナとのプレシーズンマッチに途中出場。4-0と快勝したなかで、安部は後半41分に左足の柔らかなクロスでチーム3点目を演出した。クラブ公式サイトでは「スイート(魅惑的)なアシスト」だと伝えられている。

 まだ主力選手の一部が合流していないなかで迎えた今季のプレシーズン初戦。前半はスペイン代表DFジェラール・ピケやボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ、スペイン代表MFセルジ・ロベルトらが出場。安部はメンバーを大幅に入れ替えた後半開始からピッチに立った。

 11番を背負った安部は2-0で迎えた同41分、左サイドでスルーパスを受けてペナルティーエリア内に侵入。中を見て左足でふわりとした柔らかなクロスボールを送ると、ファーサイドでフリーになっていたFWレイ・マナフが胸で押し込んだ。

 前半は無得点に終わったものの、後半はマナフがハットトリックを決めるなど終わってみれば4-0で圧勝。バルセロナ公式サイトはクラブ史上初のアルバニア人選手であるマナフの活躍をピックアップしつつ、安部の鮮やかアシストについても「スイート(魅惑的、巧妙)なアシスト」と称賛している。

 昨季は度重なる負傷や新型コロナウイルス感染などで満足のいく結果を残せなかった安部。さらなる飛躍を目指す新シーズンに向けて、最高のスタートを切ったと言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド