東京五輪代表は「遥かに良い」 トルシエ元監督、シドニー世代との“決定的な違い”を指摘

南アフリカ戦を迎えるU-24日本代表【写真:©JFA】
南アフリカ戦を迎えるU-24日本代表【写真:©JFA】

2000年シドニー五輪代表を率いたトルシエ元監督、現チームは「クオリティーが高い」

 U-24日本代表がいよいよ、東京五輪初戦の南アフリカ戦を迎える。ホスト国としてグループAに入り、南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦。1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりのメダル獲得を目指す。

 1998年から2002年まで日本代表の監督を務めたフィリップ・トルシエ氏は、2000年には兼任監督としてU-23日本代表を率い、シドニー五輪でベスト8に導いた。当時のチームにはMF中田英寿を筆頭に、MF中村俊輔、MF本山雅志、MF稲本潤一、FW柳沢敦、FW高原直泰、そして負傷で本大会出場は叶わなかったが、MF小野伸二といった才能あふれる選手たちがいた。

 東京五輪に出場するU-24日本代表もMF久保建英、MF堂安律ら多くのタレントを擁しており、シドニー五輪世代と比較されることも多い。シドニー五輪で代表監督を務めたトルシエ氏の目に、現在のチームはどのように映っているのか。さらに、PK戦の末に準々決勝でアメリカに敗れたシドニー五輪当時のチームとの比較をしてもらった。(取材=マイケル・チャーチ)

   ◇   ◇   ◇

 東京五輪に臨む日本のメダル獲得の可能性について、トルシエ氏は「日本が強いチームであることは間違いないだろう。なぜなら、チームの80%の選手たちはヨーロッパから来ている。さらにホームでプレーできるということ、良い準備ができたこともあり、チャンスは十分にあるだろう。彼らは強いチームであり、開催国としてメダルを勝ち取るポテンシャルは十分にあると見ているよ」と語った。

 そして、自身が率いた2000年シドニー五輪のチームとの「比較は可能」とし、両チームには“決定的な違い”があると指摘する。

「現在のチームのクオリティーは、私が率いた当時よりも遥かに良くなっています。20年前、私たちのチームには小野伸二、中村俊輔、稲本潤一のように才能のある選手、質の高い選手がいました。しかし、今のチームは全体的なクオリティーが高くなっています。私の時代にも、とても良い選手たちがいましたが、では何人が海外でプレーしていたでしょうか? 1人だけ、中田英寿だけです。今のチームは80%から90%がヨーロッパでプレーしています。これは非常に大きな違いになります」と、シドニー五輪後に多くの選手が海を渡ったものの、当時は国内組で構成されていたことを強調した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】