堂安律、スペイン守護神の牙城撃破を対戦国紙が称賛 「ウナイ・シモンでも止めるのが不可能」

先制ゴールを決めたMF堂安律(写真右)【写真:Getty Images】
先制ゴールを決めたMF堂安律(写真右)【写真:Getty Images】

EUROに出場していたウナイ・シモンでも止めるのが不可能と高く評価

 東京五輪のグループリーグ初戦を5日後に控えたU-24日本代表は17日、国際親善試合でU-24スペイン代表と対戦。前半42分、日本代表がMF堂安律のゴールで先制してハーフタイムを迎えたが、スペイン紙「AS」もこの一撃を称賛している。

 欧州選手権(EURO)でも主力だったGKウナイ・シモンやFWダニ・オルモが先発出場したスペインは、五輪の本大会でも優勝候補の一角に挙げられている。序盤からスペインが優勢に試合を進めたものの、前半で唯一のゴールを挙げたのは日本だった。前半42分、左サイドを突破したMF久保建英の折り返しを堂安が左足で捉え、ゴール左上に突き刺した。

 このゴールについて「AS」紙は、「最初のゴールには、久保建英が絡んだ。レアル・マドリードの選手は、堂安が走りこむ先にパスを送ると、エリア内の角からウナイ・シモンの届かない位置にボールを蹴り込んだ。彼にとっても止めることが不可能な一撃だった。スペインは、ほとんどの場面で試合をコントロールしたもののスピードと流動性、そして精度をゴール前で欠いた」と、堂安の先制点を称賛するとともに自国の代表の課題を指摘している。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング