久保の突破から堂安が左足一閃! U-24日本代表、“優勝候補”スペインに先制し後半へ

MF堂安律のゴールで日本代表がリードして後半へ【写真:Getty Images】
MF堂安律のゴールで日本代表がリードして後半へ【写真:Getty Images】

東京五輪前ラストマッチ、ワンチャンスを生かして前半1-0リード

 東京五輪に出場するU-24日本代表は17日、本大会での優勝候補筆頭と言われるU-24スペイン代表との国際親善試合に臨み、前半は押し込まれる時間も長かったが、MF堂安律の先制ゴールで1-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

 日本は12日のU-24ホンジュラス戦(3-1)から、左サイドバックにDF旗手怜央、ボランチにMF板倉滉を起用した。スペインは欧州選手権(EURO)でも主力だったGKウナイ・シモンやFWダニ・オルモがスタメン出場。バルセロナ所属の18歳MFペドリはベンチスタートになった。

 序盤からスペインのポゼッションに日本も高い位置から挑んだ。何度かそこでマイボールにする場面もあったが、逆にそのプレスをはがされて突破を許す場面を作られてしまう。そのなかでは前半15分にFWラファ・ミルにゴール正面からフリーのミドルシュートを許したが、GK谷晃生の守備範囲に飛んで事なきを得た。

 前半の半ばから日本はボールを奪った後に前線でボールを収めて時間を作るプレーができず、次々とスペインの攻撃を受ける展開になった。その苦しい時間を乗り越えた日本は同42分、左サイドをMF久保建英がドリブル突破。中央にマイナスのパスを出すと、MF堂安律が左足でニアサイド上を射抜いて先制点。1-0のリードでハーフタイムを迎えた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング