神戸FW古橋亨梧、名門セルティックへ完全移籍 メディカルチェック後、正式契約へ

日本代表FW古橋亨梧がスコットランド名門セルティックへ完全移籍【写真:Getty Images】
日本代表FW古橋亨梧がスコットランド名門セルティックへ完全移籍【写真:Getty Images】

国内リーグ51度の優勝を誇るスコットランドの名門移籍へクラブ間での基本合意を発表

 J1ヴィッセル神戸は16日、日本代表FW古橋亨梧のスコットランド名門セルティックへの完全移籍について、クラブ間での基本合意に達したことを発表した。今後は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定という。

 古橋は興國高から中央大を経て、2017年にFC岐阜(当時J2)へ加入。翌年8月に神戸への移籍を果たすと、自慢の快速と攻撃力を武器に台頭し、加入2年目のリーグ戦で10得点(31試合出場)をマークした。その年の11月には日本代表へ初選出され、国内屈指のアタッカーへと成長。今季のリーグ戦ではここまで得点ランキングトップの14得点をマークし、6月23日の横浜FC戦(5-0)ではJ1リーグ初のハットトリックを達成するなど、国内での評価を高めた。

 セルティックは国内リーグ51度の優勝を誇る名門で、日本人選手ではかつてMF中村俊輔(横浜FC)、MF水野晃樹(はやぶさイレブン)がプレー。2021-22シーズンより、前横浜F・マリノス指揮官のアンジェ・ポステコグルー氏が新監督へ就任した。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング