「気候、時間、相手…」 “10番”岩渕真奈、豪州戦勝利で語ったポジティブ要素とは?

なでしこジャパンFW岩渕真奈【写真:Getty Images】
なでしこジャパンFW岩渕真奈【写真:Getty Images】

高温多湿の環境は「夜の割に、想像よりきつかった」と言及

 なでしこジャパン(日本女子代表)のFW岩渕真奈は、14日に行われた国際親善試合オーストラリア戦でPKを決めて1-0の勝利に導いた。東京五輪前ラストゲームを終えて「こういう時期に、こういう試合ができて良かった」と、前向きに五輪へ進む思いを話した。

 3バックを採用したオーストラリアと4バックの日本はミスマッチが生まれ、そうしたなかで岩渕がボールを受けるスペースがあるとスカウティングされていたことを、DF熊谷紗希らの選手たちが試合後に明かした。実際にそこでパスを受ける場面は前半からあったものの、「攻撃の回数やボールに絡むことをもっとしないといけない。攻撃は少し淡白だった」と岩渕が話したように、そこまで多くのチャンスを作ったとは言い難かった。

 それでも、後半10分を前に日本はMF長谷川唯のクロスが相手のハンドを誘い、PKを獲得。そこで岩渕は「PKを蹴る選手は決まっていなかったけど、ちょっと蹴りたいと思っていたところに唯が『ブチさん』と言ってきた」と、選手たちからキッカーに指名された。それをゴール左に決め、これが決勝点になった。

 オーストラリア戦を「結果は勝つことができて、そこだけ見れば良かったと思う。1-0で勝てたことは良かったけど、すべてが良かったかと言われればそうではないので、攻撃のバリエーションは増やしたい。無失点に抑えられたのは良かったことの一つ」と振り返った岩渕だが、高温多湿の環境は想像以上だったことも話している。

「夜の割に、想像よりきつかった。そこまで暑くないと感じる人もいるかもしれないけど、ピッチ上は湿度がすごかった。昼の暑さとは少し違うきつさ。夜だから少し大丈夫かなと思っていた分、余計にそう感じたかもしれない」

 4月と6月にも国際親善試合を2試合ずつ行った日本だが、いずれも力の差がある相手に大差がつく試合になった。そうした意味でも、オーストラリアはFIFAランキング10位の日本より一つ上の9位で、東京五輪本大会にも出場する力のあるチームであり、日本が対戦するカナダやイギリスといった体格のある相手。そして、開催国日本で試合の行われる夜の開催と、すべてにおいて絶好のシミュレーションになった。

 それだけに岩渕は、「今日の試合に関しては、気候の部分、時間、相手もすべてが自分たちにポジティブ。こういう時期に、こういう試合ができて良かった」と前向きにこの試合を捉えた。背番号「10」のデビュー戦を決勝ゴールで飾り、本大会に臨む。10年前のドイツ女子ワールドカップ(W杯)優勝を最年少メンバーで経験した岩渕が、東京五輪では誰もが認めるエースとして世界一に導く姿が期待される。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」