「気候、時間、相手…」 “10番”岩渕真奈、豪州戦勝利で語ったポジティブ要素とは?

なでしこジャパンFW岩渕真奈【写真:Getty Images】
なでしこジャパンFW岩渕真奈【写真:Getty Images】

高温多湿の環境は「夜の割に、想像よりきつかった」と言及

 なでしこジャパン(日本女子代表)のFW岩渕真奈は、14日に行われた国際親善試合オーストラリア戦でPKを決めて1-0の勝利に導いた。東京五輪前ラストゲームを終えて「こういう時期に、こういう試合ができて良かった」と、前向きに五輪へ進む思いを話した。

 3バックを採用したオーストラリアと4バックの日本はミスマッチが生まれ、そうしたなかで岩渕がボールを受けるスペースがあるとスカウティングされていたことを、DF熊谷紗希らの選手たちが試合後に明かした。実際にそこでパスを受ける場面は前半からあったものの、「攻撃の回数やボールに絡むことをもっとしないといけない。攻撃は少し淡白だった」と岩渕が話したように、そこまで多くのチャンスを作ったとは言い難かった。

 それでも、後半10分を前に日本はMF長谷川唯のクロスが相手のハンドを誘い、PKを獲得。そこで岩渕は「PKを蹴る選手は決まっていなかったけど、ちょっと蹴りたいと思っていたところに唯が『ブチさん』と言ってきた」と、選手たちからキッカーに指名された。それをゴール左に決め、これが決勝点になった。

 オーストラリア戦を「結果は勝つことができて、そこだけ見れば良かったと思う。1-0で勝てたことは良かったけど、すべてが良かったかと言われればそうではないので、攻撃のバリエーションは増やしたい。無失点に抑えられたのは良かったことの一つ」と振り返った岩渕だが、高温多湿の環境は想像以上だったことも話している。

「夜の割に、想像よりきつかった。そこまで暑くないと感じる人もいるかもしれないけど、ピッチ上は湿度がすごかった。昼の暑さとは少し違うきつさ。夜だから少し大丈夫かなと思っていた分、余計にそう感じたかもしれない」

 4月と6月にも国際親善試合を2試合ずつ行った日本だが、いずれも力の差がある相手に大差がつく試合になった。そうした意味でも、オーストラリアはFIFAランキング10位の日本より一つ上の9位で、東京五輪本大会にも出場する力のあるチームであり、日本が対戦するカナダやイギリスといった体格のある相手。そして、開催国日本で試合の行われる夜の開催と、すべてにおいて絶好のシミュレーションになった。

 それだけに岩渕は、「今日の試合に関しては、気候の部分、時間、相手もすべてが自分たちにポジティブ。こういう時期に、こういう試合ができて良かった」と前向きにこの試合を捉えた。背番号「10」のデビュー戦を決勝ゴールで飾り、本大会に臨む。10年前のドイツ女子ワールドカップ(W杯)優勝を最年少メンバーで経験した岩渕が、東京五輪では誰もが認めるエースとして世界一に導く姿が期待される。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング