なでしこジャパン、東京五輪前ラストゲームは豪州相手に前半スコアレスドロー

ドリブルで仕掛けるなでしこジャパン10番の岩渕真奈【写真:Getty Images】
ドリブルで仕掛けるなでしこジャパン10番の岩渕真奈【写真:Getty Images】

立て続けにチャンスを迎えるもゴールならず

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、東京五輪前では最後の実戦機会となる国際親善試合オーストラリア戦を14日に戦い、0-0のまま前半を終えた。

 4月、6月と力の差がある相手に大勝する試合が続いたが、FIFA(国際サッカー連盟)ランキングで10位の日本は、同9位で五輪にも出場するオーストラリアという同格の相手との対戦になった。ほぼベストメンバーと見られるスタメンのなか、右サイドハーフには6月の代表デビューから4試合目となるMF塩越柚歩が入った。

 前半は互いにボールを後ろからつなごうとするなかで試合が拮抗。日本は前半29分、左サイドからのボールに合わせた塩越のシュート、FW菅澤優衣香のループシュートがGKに弾かれたところに詰めたFW岩渕真奈と立て続けにチャンスを迎えたが、そこでゴールは奪えなかった。

 一方のオーストラリアはエースで主将のFWサマンサ・カーを軸に攻撃を仕掛けようとしたが、日本は中盤までの守備で攻撃をカットする場面を多く作り、ゴール前の場面は多く作らせずに試合を運んだ。両者とも先制点は奪えず、0-0のままハーフタイムを迎えた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング