チェルシー、今夏ハーランド獲得“断念”の可能性 英メディア指摘「非常に困難な状況」

チェルシーが獲得を狙っているFWハーランド【写真:Getty Images】
チェルシーが獲得を狙っているFWハーランド【写真:Getty Images】

サンチョのマンU移籍決定で、ドルトムント側がハーランド放出に難色か

 昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した欧州王者のチェルシーはドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得を狙っているが、実現は至難の業と言えそうだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「チェルシーがミッション・インポッシブルに直面している」と報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 チェルシーは今夏の移籍市場で攻撃陣の強化を目論んでおり、その中でもフランス代表FWオリビエ・ジルーにACミラン移籍の噂が浮上しているストライカーの補強が最優先事項となっている。ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーと同MFカイ・ハフェルツを獲得した昨夏に続いての大型補強を狙っているようだ。

 その中でトップターゲットとなっているのが引く手あまたのハーランドだ。レアル・マドリードなども獲得を狙う同選手の移籍金は1億5000万ユーロ(約195億円)というプレミア価格がつけられているが、チェルシーは本気で獲得を狙っているという。

 しかし、「スカイ・スポーツ」は交渉に近い筋の関係者からの情報として、今夏中のハーランドの移籍は限りなく不可能に近いものだと報じている。ドルトムントではイングランド代表MFジェイドン・サンチョのマンチェスター・ユナイテッド移籍が決まっており、主力選手を同時に2人も手放す可能性は低いようだ。

「チェルシーは努力しているが、(ハーランドの獲得は)非常に困難な状況になるだろう。現時点ではミッション・インポッシブルのように見える。ただし、可能性は低いが、絶対に起こらないという意味ではない」

 なお、ハーランド以外のオプションとしてはインテルのベルギー代表FWロメル・ルカクとトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの名前が挙がっている。いずれも各国リーグを代表するトップ選手たちだが、“欧州王者”チェルシーはこの中から新たなエースストライカーを迎え入れることができるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」