「存在はすごく大きい」 岐阜監督が語る“柏木効果”とJ2昇格に向けた今後の“活用法”

J2昇格を目指すFC岐阜【写真:ⓒKaz Photography/FC GIFU】
J2昇格を目指すFC岐阜【写真:ⓒKaz Photography/FC GIFU】

柏木にボールを預け、周囲の選手が背後を狙っていくスタイルは一つのオプションに

 J2昇格を目指すFC岐阜は、中断期間までの14試合をリーグ3位(8勝1分5敗)で終えた。安間貴義監督の下、球際にアグレッシブに行き、堅い守備からのショートカウンターをベースとした戦術を刷り込んできた。そのなかで、攻撃面で変化をもたらす選手が、今年3月に電撃加入した元日本代表MF柏木陽介だ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 柏木の加入が正式発表されたのは3月12日。シーズン開幕戦(ヴァンラーレ八戸/0-0)の2日前というタイミングだった。4月25日のJ3リーグ第6節カターレ富山戦(0-1)で、後半11分からMF三島頌平に代わってシャドーに入り、新天地デビュー。5月22日の天皇杯1回戦Honda FC戦(0-2)で今季公式戦初先発を飾ると、リーグ戦でも6月6日の第10節福島ユナイテッドFC戦(2-1)で待望の初スタメンを務め、1得点1アシストの活躍を見せた。柏木をスタートから使えるようになったことで、“チームとしての形”が見えたと安間監督は振り返る。

「陽介が先発で使えるようになって、福島戦(2-1)、宮崎戦(3-1)とこの形でいこうというのが見えました。しっかりと陽介に預けて、周りが自信を持って背後に出ていくゲームはできていた。彼の存在はチームにとってすごく大きいです。(元日本代表MF)本田拓也もそうなんですけど、彼らが声をかけるタイミング、同じことでも彼らが言うことによって選手たちが自信を持てるので」

 それだけに、柏木のコンディションが上がり、MF川西翔太、MF舩津徹也、MF吉濱遼平ら周囲の選手との連携も取れてきたなかで、6月20日のFC今治戦(0-3)で右太ももを痛めてしまったのは、長期離脱にこそ至らなかったとはいえ、チームとして少なからず痛手だった。安間監督の中では、柏木は“先発でこそより生きる”という考えがあるようだ。

「ここから行こうという時の今治戦(のアクシデント)だったので、いるいないの違いはあったと思います。長野戦(1-2)も、正直まだ足に張りがあって、長い時間は無理だったんですけど、先発から外れている時もみんなに声をかけてくれているし、少しの時間でも出られるなら行きたいと。サッカーに、このチームに夢中になってくれていて、すごく良い立ち振る舞いをしている。とにかく使いたい選手になってくれています。

 長野戦に陽介を途中で入れたけど、みんな慌てすぎてしまっていて、声が届かない。やっぱり先発から出して、最初から導いてくれる存在は必要だと考えています。勝ち取ってきていないチームにとって、勝ち取ってきている選手の言葉はすごく大事。うまくミックスされれば、もっと良いチームになっていくのかなと思います」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」