アーセナルも参戦! 冨安獲得を巡り、“ノースロンドン・ダービー”が勃発と伊報道

トッテナム移籍の噂が浮上しているボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】
トッテナム移籍の噂が浮上しているボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】

トッテナムに続き、アーセナルも冨安の争奪戦に参戦

 トッテナム移籍の噂が浮上しているボローニャの日本代表DF冨安健洋を巡る獲得レースに、名門アーセナルも参戦したようだ。イタリアサッカー情報サイト「フットボール・イタリア」は、「トミヤスを巡るノースロンドン・ダービー」と報じている。

 昨シーズンのボローニャでの活躍を受けて、今夏の移籍が取り沙汰されている冨安。ACミランやアタランタなどイタリア国内クラブから関心が伝えられていたなか、現在はトッテナムとの交渉中とされるが、衛星放送「スカイ・スポーツ・イタリア」によれば、この争奪戦にアーセナルが加わったという。

 トッテナムとアーセナルは同じ北ロンドンを本拠地とするローカルのライバル。22歳の日本代表DFを巡って、「ノースロンドン・ダービー」が繰り広げられることになりそうだ。

 アーセナルは昨季限りで元ブラジル代表DFダビド・ルイスが退団。新たなセンターバックの補強に動いており、ブライトンでプレーする20歳のイングランド代表DFベン・ホワイト獲得の噂があがっていた。

 報道によれば、ボローニャは冨安の売却に移籍金2000万ユーロ(約26億円)を要求しており、トッテナムから届いた1800万ユーロ(約24億円)のオファーは拒否している。このタイミングで横槍を入れたアーセナルがどのようにアプローチを仕掛けるのか注目だ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング