「ホームより良い」 バルサ、来季アウェーユニフォームの流出デザインに海外熱視線

バルセロナの新アウェーユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
バルセロナの新アウェーユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

無地のパープルカラーがベースとなるデザイン画像を海外メディアがリーク

 スペインの名門バルセロナは先日、クラブエンブレムをモチーフとした2021-22シーズンの新ホームユニフォームを発表した。一方、アウェーシャツのデザインは公にされていないが、ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」がデザイン画像をリークしている。

 バルサが来季着用するホームシャツは、エンブレムをモチーフとしたもので、前面は3つのブロックに分割。右胸部分はエンジ色の十字架が入り、その他の部分はクラブカラーの青とエンジのストライプとなっているが、ファンからは「最も醜い一枚」「この色合いは厳しい」など不評の声が相次いで寄せられていた。

 そんななか、「Footy Headlines」がアウェーシャツのデザインをリーク。同メディアによると、ベースカラーは無地のパープルで、両サイドには青と赤のストライプが入っている。エンブレム部分はとりわけ目を引き、金色にネイビーと赤を組み合わせた光沢感のある玉虫色になっている1着だという。

「Footy Headlines」の公式ツイッター上では、流出されたデザイン画像を公開。ファンからは「恥ずべきホームキットよりもはるかに良い」「美しいキット」といった声が上がっており、不評だったホーム用ユニフォームに反して期待の眼差しが向けられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング