「これは反則」 浦和ユンカー、トイプードルの子犬と“2ショット”が反響「癒される」

浦和FWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】
浦和FWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】

ユンカーがペットショップを訪れた際のオフショットをSNSで公開

 浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーが、自身のツイッター上でオフショットを公開。トイプードルの子犬とともに写った1枚に、ファンからは「癒される」「オフもカッコいい」「トイプードルに見栄え負けしない」などの声があがっている。

 デンマーク国籍のユンカーは、Jリーグの登録ウインドー締め切り前日の4月1日に、ノルウェー1部FKボーデ/グリムトから完全移籍。5月5日のルヴァンカップ・柏レイソル戦でデビュー弾を決めるとそこからゴールを積み重ね、リーグ戦では7試合7得点中と決定力の高さを見せつけている。

 技術の高さも一級品で、リーグ第18節の湘南ベルマーレ戦(2-3)では芸術的なループ弾を披露。加入からわずか数カ月で別格の存在であることを印象づけ、浦和の前線を支える強力助っ人として十分なインパクトを放っている。

 そんなユンカーが自身のツイッター上でオフショットを公開。黒色の長袖シャツとパンツを身に着けペットショップを訪れた1枚には、椅子に座りながら茶色のトイプードルの子犬を手に取っている姿が収められている。

 “甘いマスク”のユンカーと子犬の2ショットに対し、ファンからは「めちゃくちゃかわいい」「トイプードルに見栄え負けしない」「愛おし過ぎる」「オフもカッコいい」「癒される」「イケメンすぎる」「これは反則」「ワンコ抱っこしてるだけで絵になる」といった声が寄せられ、そのビジュアルが反響を呼んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング