南野拓実、リバプール残留? 地元紙が予想、去就注目の3人で「最も残る可能性が高い」

来季の去就が注目される日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
来季の去就が注目される日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

今夏の去就が注目を集める南野、オリギ、シャキリの3人…地元紙が考察

 日本代表MF南野拓実は今夏にリバプール残留か、それとも再びの移籍か去就が注目を集めている。英地元紙「リバプール・エコー」は、移籍の噂があるベルギー代表FWディボック・オリギとスイス代表FWジェルダン・シャキリとの争いでは、南野が優位なポジションにいると見ているようだ。

 南野は2020年1月の移籍市場で、オーストリアのザルツブルクからリバプールに移籍。2年目の今季は前半戦をリバプールで過ごし、後半戦は出番を求めてサウサンプトンへシーズン終了まで期限付き移籍していた。プレミアリーグではリバプールで9試合(1得点)、サウサンプトンで10試合(2得点)に出場した。

 新シーズンに向けては、サウサンプトンが再レンタルを希望しているとの情報が出ている一方で、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は南野を構想に含めており、残留の線も消えていない。「クラブ事情」により日本代表を途中離脱したこともあり、現在移籍に関する話し合いが進行中と見られるが、動向はいまだ不透明な状況だ。

 そうしたなかで、リバプール地元紙「リバプール・エコー」は、南野がリバプールに残る可能性について言及している。記事では「南野がアンフィールドでレギュラーとしてプレーする可能性は決して高くない」とスタメン起用の可能性が低いことが示唆されているが、ベンチ入りを争う他の選手よりも優位な立場にいると予想されている。

「ディボック・オリギとシャキリが今夏に移籍する可能性がある。リバプールとしても3人を一度に入れ替えることは難しいだろう。

 このトリオ(オリギ、シャキリ、南野)の中では、南野が最も夏以降も残留する可能性が高いと言っていいだろう。彼のスタッツ、多才さ、そして他の2人よりも新しい選手であるという事実が有利に働くだろう」

 リバプールではエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが不動の3トップを形成。昨季はポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが台頭しており、それに続く4番手、5番手のポジションを南野らが争うことになる。

 森保ジャパンでは高い決定力でチームのエースに君臨する南野。プレミアリーグの王座奪還を目指すリバプールでも、ポジションを掴むことができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング