J2甲府、夏季限定の”甲斐犬”デザインに海外ファンも反応 「素敵なユニフォーム」

甲府のクラブマスコットのヴァンくん(左)モチーフのユニフォームが発表。右はフォーレちゃん【写真:Getty Images】
甲府のクラブマスコットのヴァンくん(左)モチーフのユニフォームが発表。右はフォーレちゃん【写真:Getty Images】

マスコット・ヴァンくんをモチーフにした「夏季限定ユニフォーム」に海外も注目

 J2ヴァンフォーレ甲府は14日、「2021夏季限定ユニフォーム」のデザインを発表した。クラブマスコットのモチーフとなっている甲斐犬があしらわれた斬新な1着に、海外ファンも反応を示している。

 甲府は現在、18試合を消化して5位(8勝6分4敗)。失点はリーグ最少2位タイで自動昇格を狙える位置につけている。

 今回発表されたユニフォームのデザインは、今年8月~9月に開催されるホームゲーム3試合(第24節ジュビロ磐田戦、第26節ジェフユナイテッド千葉戦、第28節京都サンガF.C.戦)限定で着用されるもの。ユニフォームの前面にはクラブマスコット(ヴァンくん)である甲斐犬の横顔シルエットがあしらわれ、背面には「差し尾」イメージした柄が配置されている。

 ヴァンくんの誕生から15周年を記念したデザインコンセプトの限定ユニフォームは、フィールドプレーヤー(FP)用とゴールキーパー(GK)用の2パターンを製作。FP用のベースカラーは、甲斐犬をモチーフにしていることから虎毛色とブラック、GK用はレッドとなっている。

 ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」がこの限定ユニフォームの斬新なデザインを取り上げると、記事のコメント欄には海外ファンから「素敵なユニフォーム」「ワォ! マスコットの15周年ユニフォームとは。20周年では何をするのだろう」「日本のクラブ名を分析するのは楽しい。『ヴァンフォーレ』がフランス語だとすぐに分かった」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング