同僚からのイジり対象!? 川澄奈穂美、脛の上下で色の差くっきりの“靴下焼け”を披露

ゴッサムFCのFW川澄奈穂美【写真:Getty Images】
ゴッサムFCのFW川澄奈穂美【写真:Getty Images】

靴下を履いている箇所と、履いていない箇所で日焼けの差が一目瞭然

 なでしこジャパン(日本女子代表)のFW川澄奈穂美が、自身の公式ツイッターを更新。現地時間20日にオーランド・プライドとのリーグ戦を控えるなか、同僚からもイジられるという「靴下焼け」の写真をアップし、ファンからもコメントが寄せられている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 川澄は2020年8月、古巣のINAC神戸レオネッサに期限付き移籍で復帰。しかし、ゲルト・エンゲルス監督が指揮を執るなか、リーグ戦ではスタメン起用がなく、9試合計178分間のプレーに終わった。

 INAC神戸へのレンタル期間が満了し、スカイ・ブルーFCに復帰した川澄。今年4月にはチーム名も「ゴッサムFC」に変わり、2021年シーズンはここまでリーグ戦3試合(計88分間)に出場している。

 20日にオーランド・プライド戦を控えるなか、川澄はツイッターを更新。「チームメイトに『靴下脱ぎなよ~』ってイジられるぐらい靴下焼けしてます」と綴られた投稿では、靴下で隠れる脛下は白く、その上は日焼けしている足元の写真が添えられている。

 もっとも、川澄らしく「っていう話と見せかけて、新しいサンダルの自慢をしています」とも続けており、ファンからは「日焼けは、日々の練習の証ですね」「見事な靴下焼け」「さり気ない自慢(笑)」「このサンダル欲しい」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング