川澄奈穂美、「ボールを腿にくっつけて歩く」“神業”の瞬間にファン驚愕 「魔術師」

ゴッサムFCのFW川澄奈穂美【写真:Getty Images】
ゴッサムFCのFW川澄奈穂美【写真:Getty Images】

ボールを蹴り上げ、右太ももにくっついて見える“トリック写真”をSNSに投稿

 なでしこジャパン(日本女子代表)のFW川澄奈穂美が、自身の公式ツイッターを更新。現地時間20日にオーランド・プライドとのリーグ戦を控えるなか、「ボールを腿にくっつけて歩く」瞬間の写真をアップすると、「魔術師ですね」「カッコいい」と驚きの声が上がっている。

 川澄は2020年8月、古巣のINAC神戸レオネッサに期限付き移籍で復帰。しかし、ゲルト・エンゲルス監督が指揮を執るなか、リーグ戦ではスタメン起用がなく、9試合計178分間のプレーに終わった。

 INAC神戸へのレンタル期間が満了し、スカイ・ブルーFCに復帰した川澄。今年4月にはチーム名も「ゴッサムFC」に変わり、2021年シーズンはここまでリーグ戦3試合(計88分間)に出場している。

 20日にオーランド・プライド戦を控えるなか、川澄はツイッターを更新。「ボールを腿にくっつけて、そのまま歩くという技を身に付けました」と綴られた投稿では、ボールを蹴り上げた瞬間と思われるシーンを捉えた写真が添えられており、右太ももにボールがくっついているようにも見える。この投稿に、ファンからもコメントが寄せられている。

「カッコいい」
「魔術師ですね」
「修行したら出来るようになりますか?」
「これで走れるようになったら、無敵ですね!」

 日本の女子サッカー界を牽引してきた川澄らしいユーモアさに、ファンもほっこりしていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド