ドイツ代表、EURO“死の組”突破へ議論白熱 レーブ監督、MF陣の起用法を巡り反論

MFトニ・クロースとMFヨシュア・キミッヒ【写真:Getty Images】
MFトニ・クロースとMFヨシュア・キミッヒ【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】開幕に向けて賑わうドイツ代表を巡り議論、フォクツはキミッヒのサイド起用を疑問視

 ワールドカップ(W杯)や欧州選手権(EURO)といったビッグトーナメント前になると、メディアは俄然元気になるものだ。それはおそらく、どの国でも共通の現象だろう。

 ドイツも、なんだかんだで賑わっている。ここにきての注目は、中盤センターの組み合わせ。これまでファーストチョイスだと思われていたのはMFヨシュア・キミッヒとMFレオン・ゴレツカの“バイエルンコンビ”だが、ゴレツカがリーグ戦で負傷した太ももの肉離れからまだ復調しきっておらず、キミッヒは問題点だった右ウイングバックへの再コンバートが濃厚とされている。

 EURO前最後のテストマッチとなったラトビア戦ではMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)とMFトニ・クロース(レアル・マドリード)の2人がコンビを組んだ。格下相手に7-1で勝利したドイツだが、この起用法に異を唱えたのが元ドイツ代表監督ベルティ・フォクツだ。

「キミッヒはセンターで起用しなければならない。サイドでは100%の居心地の良さを感じていない。強力なオフェンス陣を揃えたフランス相手に、イルカイ・ギュンドアンとトニ・クロースでは上手くいかない。オフェンシブ過ぎる。キミッヒをボランチで起用しなかったら、我々はフランスにセンターからボロボロにされてしまうだろう」と警告していた。

 言わんとするところは分かる。確かに、どちらも守備で力を発揮する選手ではないかもしれない。それこそフランス代表のMFエンゴロ・カンテのように、単独でボールを奪取することが期待されている選手ではない。

 だが、これに対してヨアヒム・レーブ監督が鋭く反論した。

「選手に対して異なる見解があるというのは新しいことではない。片やその選手の優れたところを口にし、片やその選手の弱さを指摘する。トニ・クロースも今、そうした議論の渦中にいるようだ」

「だが14年W杯の時はどうだっただろう? フィリップ・ラーム、バスティアン・シュバインシュタイガー、ミロスラフ・クローゼも、あの時いろんなことを言われていた。超えてはいけない一線を超えた記事や発言もあった。だが彼らはブラジルで優勝を果たした時に、その能力をいかんなく発揮してくれたではないか」

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド