久保建英がA代表との”兄弟対決”に悔恨…「壁は感じなかっただけに悔しかった」

U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

3日に行われたA代表とのチャリティーマッチに言及 「経験では相手のほうが上だった」

 U-24日本代表は4日、オンライン会見を実施した。MF久保建英は「いつも練習している相手なので変な壁は感じなかったけど、それだけに0-3は悔しかった」と、前日に行われたA代表とのチャリティーマッチを振り返った。

 U-24代表は当初、5日に開催されるU-24ガーナ代表戦に向けて調整していたが、A代表のジャマイカ戦が中止となったことで”兄弟対決”が実現。スタメンに名を連ねた久保は、鋭い突破を図るシーンを見せたものの、チャンスに絡めず前半のみでピッチを退いた。

 試合は”格上”のA代表に0-3で完敗。急遽試合が組み込まれたU-24代表にとって、コンディション面での難しさも懸念されたが、久保は「やれるだけのことはした。いつも練習している相手なので変な壁は感じなかったけど、それだけに0-3は悔しかった」と振り返った。

 実際に対戦して感じたA代表との差については「試合の入りやビジョンを持っていた」と指摘。「経験では相手のほうが上だった」と認めつつも「同年代と対戦する時、策やビジョン、プランを持って臨むのが大事というのが昨日の試合で得られたことだと思う」と、今後の強化試合、五輪本大会に向けての教訓にすることを誓っていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング