日本代表“兄弟対決”、A代表が橋本&鎌田のゴールで前半2-0 U-24代表の反撃なるか

A代表が2点先制で後半を迎える【写真:Getty Images】
A代表が2点先制で後半を迎える【写真:Getty Images】

開始2分で橋本が電光石火の先制弾、鎌田も巧みな追加点を決める

 日本代表(A代表)と東京五輪を目指すU-24日本代表によるチャリティーマッチが3日に札幌ドームで行われ、A代表が2-0でリードしてハーフタイムを迎えた。

 当初の予定ではA代表がジャマイカ代表と国際親善試合を行う予定だったが、来日に際してのトラブルにより試合がキャンセルになった。そこで急遽、同時期に活動中だったU-24代表との“兄弟対決”が実現した。

 東京五輪を目指すU-24代表にはオーバーエイジとしてDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航が合流しているが、5日にU-24ガーナ代表との国際親善試合を控える関係もあってか、全員がベンチスタートになった。一方のA代表は上記3人が抜けたものの、前線はほぼベストメンバーの構成になった。

 あっという間の先制パンチは、“兄貴分”のA代表だった。前半2分に右コーナーキックを得ると、MF鎌田大地のキックにニアサイドでFW大迫勇也がファーサイドに流したところ、フリーでMF橋本拳人が突進。難なく押し込んで1-0とリードを奪った。

 A代表がボールも試合も支配するなか、U-24代表は前半20分に一瞬のチャンスを得る。最終ラインからのボールを1タッチで2回つなぐと、FW田川亨介が背後に抜け出してGKシュミット・ダニエルと1対1になるチャンスを得たが、シュートは枠外に外れてしまった。

 そしてA代表は前半41分、ペナルティーエリア内でMF南野拓実がヘディングでつないだボールを鎌田が受けると、キックフェイントからの左足シュートで追加点。A代表が2-0とリードを広げてハーフタイムへ突入した。この試合は最大8人の交代枠があるものの、後半の交代回数は最大3回とされている。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング