A代表と“急遽”対決…U-24代表横内監督が心境告白 「あ、ここにゲーム入るんだと」

U-24日本代表の横内昭展監督【写真:Getty Images】
U-24日本代表の横内昭展監督【写真:Getty Images】

日本代表とのチャリティーマッチに向けてオンライン会見、OA3人の働きに期待

 U-24日本代表の横内昭展監督は2日、オンライン会見に臨み、翌日に控えた日本代表との”異例”のチャリティーマッチに向けて心境を語った。

 日本サッカー協会は、3日に開催予定だったキリンチャレンジカップの日本代表対ジャマイカ戦(札幌ドーム)の中止を決定。新型コロナウイルスに対する防疫措置を施し準備を進めてきたが、ジャマイカ代表チームにおいて、一部の選手(10人)の出発前検査の方法等を理由として、当該10選手が予定されていたフライトに搭乗できず、義務付けられた試合3日前となる5月31日に日本に到着できなかったためと、その理由を発表している。

 代わりに、チャリティーマッチとして「日本代表対U-24日本代表」を開催することを発表。5日のU-24ガーナ代表戦に合わせて調整していたU-24日本代表にとっては急遽組み込まれた形となったが、横内監督は「あ、ここにゲーム入るんだと思って、やると言われた時にはすぐにスケジュールの計算をした。明日に試合までの日程を計算して、終わった後のガーナ戦までの移動を計算して、そのプランを考えた」と心境を明かした。

 選手たちには混乱はなく「5日のガーナ戦に向けてコンディションを整えてくれていたので難しさはあるけど、選手たちも明日のゲームにポジティブ。難しいけれども、全員が明日のゲームに向けてコンディションを上げてくれている。それを見て、明日とガーナ戦を考えたい」と見据えた。

 この一戦では、オーバーエイジ(OA)3人(DF吉田麻也、MF遠藤航、DF酒井宏樹)が組み込まれた形で初めて臨む一戦としても注目される。横内監督は「3人に関しては経験値というところでは他のU-24の選手よりもかなり高い。それをまずこのチームに還元してほしい。プレーとしても違いを見せてほしいし、それができる3人だと思う。前線の選手にはオーバーエイジが入っていないが、明日のA代表のディフェンスラインの選手にどれだけ自分たちのプレーができるか、本人たちも楽しみにしているし、僕も興味深く見ている」と期待を寄せていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド