トッテナム、ケインのチェルシー移籍は阻止へ 「ロンドンのライバルへは売りたがらない」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】

退団が有力視されるなか、トッテナムはロンドンの好敵手チェルシーへの放出は阻止へ

 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインはステップアップを目指し、今夏の退団希望をしている。移籍先にはマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーと国内の強豪クラブが浮上しているが、ポールポジションにつけるのは王者シティだという。トッテナムとしては、同じロンドンのライバルであるチェルシーへの放出だけは避けたい考えのようだ。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 ケインは今季プレミアリーグで22得点を決め、リバプールのモハメド・サラーと並んで得点ランキングトップタイを走る。トッテナムの不動のエースストライカーであり、自身3度目の得点王獲得も視野に入れるなど個人としての活躍は申し分ないが、チームとしてタイトル獲得の経験はいまだにゼロ。今季はリーグカップで決勝に進んだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティに敗れた。ケインに対しては、以前からタイトルを獲得できるクラブに移籍すべきとの声が多く挙がっていた。

 そんなケインが、今季終了後にトッテナムからの退団を希望していると現地メディアで報じられた。移籍先としてシティとユナイテッドのマンチェスター勢、チェルシーの名前が浮上しているが、「デイリー・ミラー」紙は最有力候補が今季プレミアリーグを制したシティで、次点はユナイテッドだと報じている。CLファイナリストのチェルシーも新たなストライカーを求めているが、トッテナム側が「ロンドンのライバルへは売りたがらない」という。

 現在トッテナムでは週給20万ポンド(約3100万円)を受け取るケインだが、今夏はより大きな契約を結ぶビッグチャンスになると考えているという。7月に28歳を迎えるこのタイミングが、キャリアのターニングポイントになりそうだ。

 移籍金は1億ポンド(約155億円)を超えると伝えられているが、タイトル獲得を熱望する点取り屋は来季いったいどのクラブでプレーすることになるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング