「いつも元気な韓国人が…」 ソン・フンミンの“号泣姿”が反響拡大「取り乱した」

涙を流したトッテナム韓国代表FWソン・フンミン【写真:AP】
涙を流したトッテナム韓国代表FWソン・フンミン【写真:AP】

トッテナムはマンCに0-1で敗れ準優勝、FWソン・フンミンの号泣に英メディア注目

 トッテナムは現地時間25日、カラバオ・カップ決勝でマンチェスター・シティと対戦し、0-1で敗れ準優勝に終わった。エース格の韓国代表FWソン・フンミンは試合終了後、ピッチに座り込みながら涙を流したが、英メディアは「いつも元気な韓国人FWが膝をついてうずくまり、泣き止むことがなかった」と取り上げている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 トッテナムは19日にジョゼ・モウリーニョ監督を成績不振により解任し、29歳のライアン・メイソン氏が暫定監督に就任。カラバオ杯3連覇中のシティとの決勝に臨んだ。試合は拮抗した展開となるが、0-0で迎えた後半37分、セットプレーからDFアイメリック・ラポルテに決勝弾を決められ、13年ぶりのタイトル獲得とはならなかった。

 試合終了後、チームを優勝に導けなかったソン・フンミンは悔しさを隠し切れず、ピッチに座り込んで号泣。対戦相手のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとイングランド代表MFフィル・フォーデンが歩み寄って慰める様子が、カメラに映し出された。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、「いつも元気な韓国人FWが膝をついてうずくまり、泣き止むことがなかった」と取り上げ、英メディア「GIVE ME SPORT」は「彼は試合終了の笛を聞いた直後、取り乱して号泣した」と言及している。ソン・フンミンは2015年からトッテナムに在籍しているが、ここまでタイトルを獲得できずにいるだけに、悔しさも一際大きかったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド