新潟“10番”、完璧トラップ&“無駄のない動き弾”に称賛 「至恩劇場」「至宝すぎる」

新潟MF本間至恩【写真:Getty Images】
新潟MF本間至恩【写真:Getty Images】

愛媛戦で本間が絶妙なトラップから持ち込んで今季3ゴール目をマーク

 アルビレックス新潟は24日、J2リーグ第10節愛媛FC戦に2-0で勝利し、開幕からの無敗を「10」(8勝2分)に伸ばした。「10番」を背負うMF本間至恩は、ロングフィードを絶妙なトラップで捌いてチーム2点目を挙げ、「至恩劇場」「新潟のメッシ」とファンから感嘆の声が相次いでいる。

 新潟のアカデミー出身の本間は、2種登録時代の2018年にJリーグデビュー。翌年にトップチーム昇格を果たすと、2年目の昨季はリーグ戦40試合で7ゴールを記録するなど、主力に上り詰めた。

 今季も出場停止の第3節レノファ山口戦(2-1)を除いてスタメン出場を続け、開幕節ギラヴァンツ北九州戦(4-1)と、第5節東京ヴェルディ戦(7-0)でゴールを挙げている。

 変幻自在のドリブルに定評がある本間だが、愛媛戦ではトラップ&フィニッシュでも魅せた。

 1-0とリードするも、MF三戸舜介が2枚目のイエローカードで退場となり数的劣勢で迎えた後半43分、DF千葉和彦が自陣から左サイドへ浮き球のロングパスを供給。走り込んだ本間がワンタッチで愛媛DF西岡大志をかわしてペナルティーエリア内に侵入すると、冷静に右足を振り抜く。狙いすましたシュートは綺麗にゴール右へと突き刺さり、追加点で勝利を決定づけた。

 新潟公式ツイッターは、「ゲームを決める10番の仕事。本間至恩選手のトラップと無駄のない動き。千葉和彦選手のロングフィードから3タッチでゴールに突き刺した完ぺきな一撃」と動画を公開。ファンからは「至恩劇場」「さすが新潟のメッシ」「新潟の至宝すぎる」「神の子」と称賛の声が巻き起こった。

 3年目の20歳、本間への期待は試合を重ねるごとに高まっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング