「素早く正確にお届け」 西川周作、“完璧キック集”に「宅配関係の企業CM」推薦の声

浦和GK西川周作【写真:Getty Images】
浦和GK西川周作【写真:Getty Images】

浦和GK西川は史上最年少でJ1通算500試合出場を達成

 浦和レッズの日本代表GK西川周作は、18日のJ1リーグ第10節セレッソ大阪戦(0-1)で史上最年少(34歳10カ月)でのJ1通算500試合出場を達成した。Jリーグ公式YouTubeチャンネルは「浦和レッズ西川周作キック&パントキック集!J1通算500試合出場達成!西川 周作を紹介する際に使ってください」と題して、プレー集を公開。ファンからは「宅配関係の企業CMにお薦めします」「日本で段違いに上手すぎる」と反響を呼んでいる。

 西川は大分トリニータユースから昇格した1年目の2005年にデビュー。大分で5年、サンフレッチェ広島で4年プレーし、2014年に浦和へ完全移籍した。長年にわたって守護神として君臨してきたなかで、18日のC大阪戦で史上9人目となるJ1通算500試合出場を達成。データ分析会社「オプタ」によれば、3つの異なるクラブで100試合以上出場しての同記録達成は初(大分:118、広島:135、浦和:247)だという。

 GKに限れば楢崎正剛(633試合)、曽ケ端準(531試合)に次ぐ3人目の快挙を成し遂げた西川。Jリーグ公式YouTubeチャンネルは「浦和レッズ西川周作キック&パントキック集!J1通算500試合出場達成!西川 周作を紹介する際に使ってください」と題して、西川のプレー集を公開。ファンから大きな反響を呼んでいる。

「『素早く 正確に 貴方のもとに お届けします』宅配関係の企業CMにお薦めします」
「いつかゴール決めそう」
「美しい軌道何度見ても素晴らしい」
「パントキックにおいては日本で段違いに上手すぎる」

 500試合の中で数々のスーパープレーを見せてきた西川。これから先もキックでファンを魅了することだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング