「またまた魅せた」 浦和GK西川、プレス無力化の正確ロングフィードに反響

浦和レッズでプレーするGK西川周作の正確なキックに注目【写真:Getty Images】
浦和レッズでプレーするGK西川周作の正確なキックに注目【写真:Getty Images】

西川が徳島戦で右SBの西へ絶妙なロングフィードを供給

 浦和レッズの日本代表GK西川周作は、足元の技術が冴えわたっている。11日に行われたJ1リーグ第9節・徳島ヴォルティス戦(1-0)でも、正確なロングフィードを前線に供給し、Jリーグ公式ツイッターも「またまた魅せた」と取り上げている。

 リカルド・ロドリゲス新監督体制となった浦和は今季、開幕6試合で1勝2分3敗と苦しいスタートとなったが、リーグ第7節・鹿島アントラーズ戦(2-1)から調子は上向き。ホームに指揮官の古巣・徳島を迎えた一戦でも後半15分にMF関根貴大が決勝ゴールを挙げ、2019年4月以来となる3連勝を飾った。

 開幕から9試合連続でフル出場し、2試合連続でクリーンシートを達成した西川は、またもや足元の技術で魅せた。

 1点リードで迎えた後半42分、浦和は敵陣から2本のバックパスでボールは最後方の西川へ。同点を狙う徳島が猛プレスを仕掛けるなか、西川は冷静にワントラップから右サイドの日本代表DF西大伍へ絶妙なロングフィードを供給した。

 西がファーストトラップをミスしたため、チャンスにこそ直結しなかったが、正確無比なキックに埼玉スタジアムに駆け付けたファンからは歓声が上がった。今季は何度も高精度のパントキックを披露してきた西川だが、今回はプレッシャーがある流れの中でのプレーという点もポイントが高いだろう。

 Jリーグ公式ツイッターは、「またまた魅せた。得意のロングフィードで攻撃を展開」と動画を公開。ファンからは「視野広すぎ」「エグすぎ!!」「プレスを一発でひっくり返したキック!」と称賛の声が上がっていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング