プレミア名手エデルソンに匹敵!? 浦和GK西川、珠玉の低弾道パントキックが反響拡大

浦和レッズで活躍するGK西川周作【写真:Getty Images】
浦和レッズで活躍するGK西川周作【写真:Getty Images】

西川が清水戦で右SBの西大伍へ絶妙なパントキックを披露

 浦和レッズのGK西川周作は、7日に行われたJ1リーグ第8節・清水エスパルス戦(2-0)で正確な低弾道のパントキックを披露。日本サッカー界きっての足元の技術に、反響が拡大しており、マンチェスター・シティの名手エデルソンと比較する声も上がっている。

 リカルド・ロドリゲス新監督体制となった浦和は今季、開幕6試合で1勝2分3敗と苦しいスタートとなったが、前節で強豪鹿島アントラーズを2-1で撃破。敵地に乗り込んだ今節の清水戦も、シュート2本に抑え込まれたなかでDF岩波拓也とFW杉本健勇がそれぞれゴールを挙げ、2連勝をマークした。

 開幕から8試合連続でフル出場し、今季3度目の無失点を記録した西川は、足元の技術でも魅せた。

 後半5分、西川は自陣ペナルティーエリア内から低弾道のパントキックで右サイドバックのDF西大伍へパス。ボールは途中でバウンドしながらも、地を這うようなスピードで西の右足にピタリと収まった。Jリーグ公式ツイッターは、「味方の足元に『ピタッと』。浦和レッズの西川周作選手が低弾道のパントキックで攻撃を展開!!」と動画を公開していた。

 このワンプレーに対する反響は拡大しており、「西川→西へのフィードは安心でしかない」「トラップしなくても足元にピタッて止まりそう」「贔屓目なしにエデルソンと1番いい勝負できると思う」「キック日本一」とファンから称賛の嵐に。西川本人も「ありがとうございます」と反応している。

 今年3月には4年ぶりに代表復帰も果たし、34歳を迎えて円熟味を増している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング