セリエAで「最も価値のある5人」に海外メディア注目 1位の市場価格は“117億円超”

デ・リフトはリーグ2位も評価額が獲得時の移籍金を下回る

 2位に入ったのは、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。今季、10年ぶりにタイトルを逃すことが濃厚となったユーベで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを抑え、最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の評価を受けている。ただし、2018-19シーズンにアヤックスでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を果たした直後、ユベントスは8550万ユーロ(約111億5000万円)で獲得している。評価額が当時の金額を上回るまでには、さらなる活躍が求められる。

 そして今季のセリエAで最高額となった選手は、ベルギー代表FWロメル・ルカクだ。チェルシーやユナイテッドでもプレーしたストライカーは、9000万ユーロ(約117億5000万円)の評価を受けている。2019年にユナイテッドから加入すると、セリエA63試合出場で43得点9アシストを記録。今季はここまで20得点7アシストの大活躍を見せ、首位に立つインテルをけん引している。記事では「もしインテルが11年ぶりのセリエA優勝を成し遂げたら、真っ先に感謝すべきはロメル・ルカクだ」と、その貢献ぶりを特筆している。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング