「野球のスコアを連想」 日本の14発快勝に韓国反応「無慈悲な得点の嵐を浴びせた」

14得点の大量得点のきっかけとなったMF南野拓実(写真中央)【写真:Getty Images】
14得点の大量得点のきっかけとなったMF南野拓実(写真中央)【写真:Getty Images】

日本にとってW杯予選史上最多得点となる14-0の完勝に韓国メディアも注目

 森保一監督率いる日本代表は30日、アウェー扱いとなるフクダ電子アリーナでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦に臨み、W杯予選での歴代史上最多得点となる14-0の歴史的な大勝を収めた。韓国メディアも、「野球のスコアを連想させる点差」と報じている。

 新型コロナウイルスの影響でストップしていたW杯予選の再開戦は、モンゴルのホームゲームであるものの、社会情勢から日本のフクダ電子アリーナで無観客試合での開催となった。日本は、国際親善試合の韓国戦(3-0)から中4日となる試合で両サイドバックを変更。右に代表デビュー戦となるDF松原健(横浜F・マリノス)、左にDF小川諒也(FC東京)が入った。

 日本がボールを持つと5-4-1でブロックを作るモンゴルに対して前半13分、左右に揺さぶった攻撃から中央へのパスをMF南野拓実(サウサンプトン)が受けると、ゴール正面から左足で丁寧なシュートを流し込んで先制。これで南野は自身が持つW杯予選開幕からの連続ゴール記録を「5」に伸ばし、日本代表でのW杯予選歴代最多連続ゴール「7試合」のMF本田圭佑(ネフチ・バクー)に迫る史上2人目の快挙を達成した。

 このゴールを皮切りに、前半だけでFW大迫勇也(ブレーメン)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF守田英正(サンタ・クララ)のゴールとオウンゴールで計5得点。後半はアディショナルタイムに入っても攻撃の手を緩めず、9ゴールを挙げた。W杯予選では1980年フィリピン戦と1997年マカオ戦(ともに10-0)を抜く歴代最多得点を大きく更新した。

 韓国メディア「WIKITREE」は、「野球のスコアを見るように、日本がワールドカップ予選で14-0と勝利」と見出しを打ち、「日本代表はモンゴル相手に無慈悲なゴールの嵐を浴びせた。野球のスコアを連想させる点差だ」とレポート。記事では、2001年4月のオセアニア予選でオーストラリアがサモアを31-0で撃破したのが国際Aマッチ最多点差だとも触れている。

 直前の国際親善試合で敗れた韓国にとっても、日本の大勝は気になるところだったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング