FW林が先制弾! U-24日本代表、南米王者アルゼンチンとの“再戦”は1-0で後半へ

FW林大地のゴールで前半を折り返す【写真:ⒸJFA】
FW林大地のゴールで前半を折り返す【写真:ⒸJFA】

スタメン9人を入れ替えた日本、本番を想定した中2日で対決

 東京五輪世代のU-24日本代表は29日、U-24アルゼンチン代表との国際親善試合2連戦の第2戦を北九州スタジアムで行い、前半を1-0のリードで折り返した。

 両チームは26日に東京で対戦し、アルゼンチンが1-0で勝利。そこから中2日で移動して再戦するという、五輪本大会のシミュレーションの意味も込めたゲームになった。日本はDF板倉滉とMF久保建英を除く9人のスタメンが入れ替わり、1トップにはFW林大地がスタメン出場。ボランチには、昨年1月のU-23アジア選手権で受けたレッドカードの影響で26日の試合が出場停止だったMF田中碧が入った。

 立ち上がりから激しくプレスをかける日本は徐々にペースを握ったものの、アルゼンチンもそのプレスをかいくぐる場面を見せることで試合は拮抗した。両チームともなかなか決定機と言えるチャンスを生み出すことができずに試合が進んだ。

 そうした中で前半45分、DF瀬古歩夢からのロングフィードを林が背後に抜け出しながらトラップすると、GKとの1対1で冷静なシュートを決めて先制。1-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング