U-24横内監督、強豪相手に快勝で選手を絶賛 「勝ちたい気持ちを練習でも出してくれていた」

横内昭展監督は選手の奮闘を称えた【写真:Getty Images】
横内昭展監督は選手の奮闘を称えた【写真:Getty Images】

U-24日本代表は強豪相手にリベンジ成功 林の初ゴール&板倉2発で快勝

 東京五輪世代のU-24日本代表は29日、北九州スタジアムでU-24アルゼンチン代表との国際親善試合2連戦の第2戦を戦い、3-0で勝利した。前半終了間際にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)からのロングパスに反応した初招集のFW林大地(サガン鳥栖)が先制点をマーク。後半には同23分と28分にMF久保建英(ヘタフェ)からDF板倉滉(フローニンゲン)の“ライン”で連続2得点した。第1戦は0-1で敗れたものの、南米予選1位通過の強豪相手へリベンジに成功した。

 両チームは26日に東京で対戦し、アルゼンチンが1-0で勝利。そこから中2日で移動して再戦するという、五輪本大会のシミュレーションの意味も込めたゲームになった。日本は板倉と久保を除く9人のスタメンを入れ替えて1トップには初招集の林がスタメンに起用された。ボランチには、主将マークを巻いた板倉と昨年1月のU-23アジア選手権で受けたレッドカードの影響で26日の試合が出場停止だったMF田中碧が入った。

 立ち上がりから激しくプレスをかける日本は徐々にペースを握ったものの、アルゼンチンもそのプレスをかいくぐる場面を見せることで試合は拮抗した。両チームともなかなか決定機と言えるチャンスを生み出すことができずに試合が進んだ。そうしたなかで前半45分、DF瀬古歩夢からのロングフィードを林が背後に抜け出しながらトラップすると、GKとの1対1で冷静なシュートを決めて先制。東京五輪世代での初ゴールを挙げた。

 さらに日本の勢いは止まらない。後半23分、久保のCKから板倉が頭で決めて追加点。その5分後にも同じく久保のCKから飛び込んだ板倉がヘディングシュートを突き刺して3点目を奪った。

 第1戦で敗れた相手へのリベンジに成功。森保一監督に代わって指揮を執った横内昭展監督は選手の奮闘を称えた。

「本当に選手1人1人が全力でぶつかってくれて、最後まであきらめないで走り続けてこういう結果になったと思う。選手を称えたい。(中2日で)1戦目に負けてから、選手たち自身がもう1回やれるということで勝ちたい気持ちを練習でも出してくれていたし、この試合でも出してくれた。良かったのは一戦目を戦って、選手それぞれが課題に向き合ってクリアしてくれたこと。課題は、初戦をもう少し大事に戦っていきたい」

 東京五輪世代は6月に親善試合2試合、7月にキリンチャレンジカップ2試合を戦い、本番を迎える。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング