「実は少し迷っていて…」 森保監督、日韓戦直後のモンゴル戦へ“難しさ”吐露

日本代表を率いる森保一監督【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表を率いる森保一監督【写真:Yukihito Taguchi】

30日にW杯予選でモンゴルと対戦、森保監督は3バック採用の可能性を示唆

 日本代表を率いる森保一監督が29日、翌30日にフクダ電子アリーナで開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル代表戦の前日記者会見に出席。25日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(3-0)での手応えを語るとともに、モンゴル戦に向けて「3バックをやるのもありかなと思っている」と、格下との異例の“アウェーゲーム”に向けて迷いがあることを明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN Jリーグ関連番組も充実

 30日に行われるモンゴル戦は日本にとってアウェーゲームながら、新型コロナウイルスの感染状況などを考慮され、異例の日本開催が2月に決定。会場として千葉のフクダ電子アリーナが選ばれ、無観客試合として開催される。

 グループFの日本はここまで4連勝で首位を快走。一方のモンゴルは1勝5敗の最下位となっており、2019年10月10日の前回対戦では日本が6-0と大勝している。格下相手となる一戦に向けて、森保監督は「韓国戦から大きく変えようとは思っていない」とした一方、「対戦相手、前回の結果を踏まえると、大幅に変えることも経験しながら選手たちに体験してもらう。心情的には使ってあげたいという気持ちはあるが、ここは公式戦なので、チームの軸をしっかり持ちながら勝ち進む、戦いに臨むことは考えたい」と、韓国戦の出場メンバーを軸としながらも、先発の顔触れについては流動的な状況だとしている。

 そして採用するシステムについても、「基本的には韓国戦でやった形でスタートしたい。試合の中で変えたほうが良いと思うことがあれば、3バックに変えるということもこれまでにやってきたので、モンゴル戦でももしかしたらやるかもしれない」と含みをもたせつつ、迷いを覗かせた。

「実は少し迷っていて、3バックをやるのもありかなと思っている部分もあるし、選手をどう使うかというのも迷うというか、いろいろなことが巡り巡っている。(前回対戦の)日本で戦った時の6-0を踏まえると、格下相手と思われるかもしれないが、これは絶対に勝たなければいけない相手だと思い臨むものの、勝って当たり前のチームと対戦するほど難しいことはない。特に直近(の試合)は韓国戦で、たくさんある試合のうちの1試合でも特別なモチベーションに自然となる試合だから、その後の試合は難しい」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング