久保建英、U-24アルゼンチン代表戦を猛省 直面した課題は?「自分の名前も知れているし…」

U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

フル出場した久保は三笘と“初共演”も不発 「中のスペースはほぼなかった」

 東京五輪世代のU-24日本代表は26日、東京スタジアムで行われた国際親善試合・U-24アルゼンチン代表戦で0-1と惜敗した。トップ下で先発メンバーに名を連ねたMF久保建英(ヘタフェ)はMF三笘薫(川崎フロンターレ)と“初共演”を果たしたものの、ゴールは割れず。組織的に完成された相手に対して、工夫を施したが「中のスペースはほぼなかった」と振り返った。

「自分が受けやすくて、相手にとって嫌なところにいたつもりだけど、(コースを)消してきた。それで、外があいたりするなかで、自分だけが選択肢ではないので、自分が受けられなくても2人目、3人目(の動きの中)で何回か惜しいチャンスがあった。でも、相手も相手でやりたいことはあると思うし、自分の名前も知れているし、どういう選手かというのもバレているので、難しさは多少あった。特に前半は、相手もコミュニケーションを取っていて、中のスペースはほぼなかったのかな」

 強度の高いアルゼンチンに手を焼きながらも、ペースを掴み直し、ほぼ互角の展開で試合を進めた日本。クロスバーにも助けられながら失点を免れていたが同21分、ロングボールを収めたMFマティアス・バルガスにDF板倉滉(フローニンゲン)が体をぶつけながらも右サイドを突破され、中央へのふわりとしたクロスをFWアドルフォ・ガイチにヘディングで決められた。

 後半に入ると、徐々に日本の時間帯が増える。同32分にはMF渡辺皓太(横浜F・マリノス)からの浮き球パスをFW食野亮太郎(リオ・アヴェ)が胸で落とし、最後は久保が右足でのボレーシュートを放ったが、惜しくも枠をとらえられなかった。相手の堅い守備をかいくぐり、何度も敵陣でチャンスメークした日本だったが、最後までゴールを割ることができなかった。

「一番自分のチャンスらしいチャンスはあれ(右足でのボレーシュート)だった。右足とか左足とか関係なく、決められる選手が生き残っていく。自分も生き残りたかったら、ああいうところで欲しい点を取れる選手になること。これが自分の課題だと思うし、自分も点を取るというところを貪欲に狙っていきたい」

 南米予選1位通過の強豪相手に光は見えた。だが、目標の「金メダル」を掴み取るためには満足してはいけない。中2日で迎えるアルゼンチンとの再戦に向けて、決定力を高め、ゴールを奪い切りたい。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング