久保と初共演も… U-24代表MF三笘、0-1敗戦に猛省「もったいない試合」

U-24日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】
U-24日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】

U-24アルゼンチン代表戦に先発も、得点に絡めず後半21分に途中交代

 東京五輪世代のU-24日本代表は26日、U-24アルゼンチン代表との国際親善試合に臨み、前半の失点を取り返すことができずに0-1で敗れた。この試合に先発したものの、後半途中に交代したMF三笘薫は試合後のフラッシュインタビューで「たくさん課題が出た試合になった」と振り返った。

 立ち上がりからパワーのある試合を展開するアルゼンチンに手を焼いた日本は前半21分、MFマティアス・バルガスのクロスからFWアドルフォ・ガイチにヘディングで決められ失点。その後、再三相手ゴールに迫りながらも決め手を欠き、南米の強豪国に屈した。

 この試合で先発した三笘は、ドリブル突破でチャンスを演出しかける場面もあったが、相手の堅い守備に苦戦。MF久保建英との初共演を果たしたものの、後半21分に途中交代となった。

 試合後のフラッシュインタビューで三笘は「先に失点してしまい難しい展開になってしまった。たくさん課題が出た試合になった。細かいところのミスも自分たちからで先に失点してしまいもったいない試合だった」と振り返り、「チームとしてもっとミスを少なくし、中2日なので切り替えてしっかり戦いたい」と、29日に北九州スタジアムへと場所を移して行われる一戦へと切り替えた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング